October 16, 2010

エネルギーを考える 1)無限の石油

「ピークオイル説」というのがあるでしょ。

近い将来、石油は枯渇する。
僕たちは、学校で、『石油=太古の植物の化石燃料』と習ってきました。

450px-Gulf_Offshore_Platform


















化石燃料である石油と天然ガスの生産は、遠くない未来無くなってしまう。
もうあと数十年もてば良いんじゃない?・・・というのが「ピークオイル説」。

資源のない日本は、必死に考えます。
どうやって、残り少ない石油を確保するか。
もしくは、石油エネルギー依存から、原発にシフトか?


でもね。
石油が有限という考え方が常識とされていますが、
実は「無限」なのではないかという考え方があるのね。

「石油無機由来説」です。

つまり、石油は「植物の化石じゃない」というもの。



「石油無機由来説」

19世紀末、ロシアの化学者メンデレーエフ(元素の周期表を作った学者)が、
「石油って、化石と違うんじゃないの」と、唱えたのが始まりで、
東欧社会(ソ連とか)では、ずっと定説とされていました。

220px-Medeleeff_by_repin









この渋い人が、メンデレーエフさん。

でも欧米では、それまで「石油は有機物(植物の化石)から作られるものじゃん!」が常識。
だって石油は、「有機」だもん、って。
これに真っ向から反対する学説なんて、全然見向きもされなかったのね。

でも、近年、天文物理学者トーマス・ゴールドが取り上げたことで、
一躍、注目を浴びることになりました。

ゴールドは、云います。

「惑星が生まれるときに、たくさんの【炭化水素】が出来る。
 この炭化水素が惑星の中で高圧・高熱を受けて変質したものが
 『石油』である。
 石油は岩石よりも軽いので、地上を目指して上がってくる」というもの。


つまり。
石油は、地球の中心から、ボコボコ湧いてくるものであり、
ほとんど無尽蔵だということになる。


この説に基づけば、一度涸れた油井が、
しばらく放置すると再生する現象も説明することができる。

また、超深度へ掘る技術さえ完成すれば、世界中どこでも石油が湧く。
日本でだって、石油を採掘できる可能性があるの。

もう、タンカーで運ばなくても良いの。

しかも膨大な量の石油を消費したって、
石油が枯渇する危険性はほぼゼロであるというおまけ付き。


僕、あながちトンデモ学説とは云えないような気がするのです。
その根拠として・・

1)植物の化石だって云う『石油』の分布が、生物の分布と明らかに異なり、
  とても深い地下にあること。

2)石油の成分が多くの地域で、だいたい同じであること。

3)ヘリウム、ウラン、水銀、ガリウム、ゲルマニウムなど
  生物起源だと説明できない成分が、石油には含まれていること。


このうち超深度の油田があることは、植物が化石だという説だと説明できない。


超深度油田には、メキシコ湾岸油田(ユウジン・アイランド330)があるけど、
これは化石燃料では考えられない深さです。

2010年4月20日に、メキシコ湾で油田(ディープウォーターホライズン)が爆発し、原油が漏れる事故がありましたが、
アメリカが許可して、イギリスの会社が掘っていた油田。
これ、超深度油田の掘削が原因とされています。

280px-Deepwater_Horizon_offshore_drilling_unit_on_fire_2010











要は、掘るの失敗したのね。
大変な事故になりました。

長く超深度を研究してきたロシアは、この技術を持っているみたい。
枯渇した油田61のうち37つで、油田は再生され、
ロシアは2008年には原油産出量で世界一になっています。

超深度掘削は、数千メートル掘るから簡単な話じゃないけど、
つまり、アメリカもロシアも知ってて、掘るのかな。
超深度に原油があるってこと。
でも、云わない。

石油が、無限だったらね。
すべてのエネルギ政策の、意味が無くなる。
ピークオイル説は崩壊し、産油国の優位性なんて無くなり、
世界の経済バランスは大きく変動する可能性があります。


あくまで、可能性。

「無機説」は基本的に多くの学者に支持されてないし、反論もあるの。

でも、むしろ有限の方が良いとさえ思う。
無限にエネルギーに依存してたら、きっと人間ダメになっちゃうもの。



bluetailhappiness at 23:39│Comments(18)TrackBack(0)clip!環境をかんがえる 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 。   October 17, 2010 00:14
メンデレーエフおじちゃんが、
錬金術師に見えます。
2. Posted by papa   October 17, 2010 00:52
錬金術の賢者の石は、無限の象徴ですものね。
なんかハリーポッターの映画に出てくる、校長に似てるし。

実際、偉大な人で、彼の名前の元素があったり、地下鉄の駅があったり、月のクレーターがあったりします。
ウォッカのアルコール度数を決めた人も、この人です。
3. Posted by 。   October 17, 2010 06:06
ほっほー!

そういや、
化学の語源は、アルケミストですものね。
4. Posted by Levi   October 17, 2010 06:46
こんにちは

へ~、これは知りませんでした。
石油が無尽蔵にあるなんて聞くと「本当ならラッキーじゃない」なんて信じたくなっちゃうんですよね。
最近、私は世の中で起こっていることの本質をほとんど知らないんだなぁって思います。
専門家といわれる人が「○○です」と言うと信じちゃう。
疑うことから始めるのは嫌だけど、簡単に信じてはいけないと思う。
リテラシー能力を磨かなければ。

ホント、石油が無尽蔵なんて分かっちゃうととんでもないことになりそう。
5. Posted by papa   October 17, 2010 09:57
魔法も科学で証明される時代がくるかもしれません。
ドラえもんみたいに。
6. Posted by papa   October 17, 2010 10:22
ゴールドの学説の根拠と、ロシアの超深度掘削、その油田再生については、裏をとっていません。
今回、下準備の時間を、あんまりかけないで書きましたから。
手抜きです。

フィクションみたいなものとして読んで頂ければと思います。
あくまで、可能性で。

でも、原油が無くなりそうになると、新しい油田が見つかるでしょ。
それも、どうかなと思うんですけど。


>世の中で起こっていることの本質

知らない方が、都合が良いの。

日本人は子供の時から、管理というシステムの中で生きています。
その中に、私たちのしあわせはあります。

みんながリテラシーし始めたら、どうなるでしょう。
テレビや学校は、教えてくれません。
みんなが自分で考え、動き始めたら、
システムは維持できませんもの。

でもね。
世界の金融資産「1京260兆円」。
このお金が、あっちに流れたり、こっちに流れたりして、
世界がおかしくなります。

残り少ない原油を争って、戦争をおこしたり。
戦争が起こることで、原油の値段が跳ね上がったり。
それが誰かのお金儲けになる世界。

人間のしあわせって、何だろうって思ったの。
7. Posted by goodtime-masuho   October 18, 2010 13:13
さあ、手から火をだす練習を皆さんも始めましょう。
8. Posted by ゆっこ   October 18, 2010 14:03
初めまして☆
奮闘記の頃から密かに読んでいました。初コメです。11日の日記に共感しました。難しいことだけど、やっぱり大事だと思います。まとまってないけど(笑)言いたいこと分かります。幸福論も凄く分かる。この日記を見せたい人が、親や友達や色々いっぱいいます。もっとみんな自分を大事にしていいと思うんです。一人ひとりが満たされてもっと生きやすい世の中になると思うんです。
papaさんのブログたまに拝見しています♪難しい話は飛ばしてますが、基本癒されます(*^^)v
これからもマイペースなpapaさんの日記見せてください☆☆
9. Posted by papa   October 18, 2010 15:34
師匠、引っ張りすぎです。
10. Posted by papa   October 18, 2010 16:04
はじめまして、ゆっこさん。

「ブログ」というものを通して、
自分とは違う想い、自分とは違う感じ方、自分とは違う人生。
ずいぶんたくさんのことを教えて頂いたような気がします。

コメント欄の方が、充実してるとき在りますもの。

有り難いですね。
たくさんの人と、そういう新しい発見や気づき、楽しい想いがシェアしていけたら、とても嬉しいです。

あれ、難しい話。スキップしてくださいね。
ジャンル増えすぎて、自分でも分からないとき在るから(笑)。

良かったら、また、コメントくださいね。
11. Posted by 。   October 18, 2010 19:24
ちょっと待ってね。
もう少しで、火が出そうな気がするの。

目から・・・。(;^_^A

冗談はおいといて。

「この世界は、振動で出来てる」って、
某宇宙博士が言ってらしたわね。
振動って、エネルギーには変換出来ませんの?
熱だって、分子の揺れなのでしょう?

水車を作る達人は、
細く緩やかな流れの場所にも、
大きく早く回る水車を作れるのでしょう?
強いものからしか、強いエネルギーは作れない
という考え方を変えた方が、よかありません?

もしかして、変なこと言ってます?
12. Posted by papa   October 18, 2010 23:26
>もう少しで、火が出そうな気がするの。

モスラは、確か、糸でしたが。

>振動

車ががたがた揺れたら発電→Genshock。
上を人が歩いたら、発電→発電床。
時計や携帯を振ると発電→エレクトレット(高分子フィルム)。

振動すると、電気出来るみたいです。

>強いものからしか、強いエネルギーは作れない
 という考え方を変えた方が、よかありません?

エネルギーを生み出すという考え方を変えるという考え方もありますが、ちょっとした発想の展開で、コロンブスの卵的、解決策が見つかりそうな気もします。

でも、僕たちがエネルギーに「依存」している以上、それはお金儲けになっちゃうのかなと思いました。
その利権争いが、戦争の裏側にチラチラ見えるのも、事実ですし。

原子力がどんなに進化しても、同じです。
太陽光でも、やっぱり同じ。

じゃあ、エネルギーに依存しないのって、どんなのだろう?って、考えています。
13. Posted by hirokototomi1   October 19, 2010 01:59
恥ずかしいことに『石油=太古の植物の化石燃料』という知識さえなかったのですが…(ワセリンも石油なんですよねえ、石油は毒じゃない、ということを聞いてふーんと思ったという程度。じゃあ石油って何だろうというところまで調べませんでした)

「環境をかんがえる」というカテゴリーは難しそうでスルーしてしまうことが多かったのですが、すごいおもしろいですね、考えるきっかけがいっぱい転がっています。ゆっくり読んでいきたいなと思っています。
>エネルギーを生み出すという考え方を変えるという考え方もありますが、ちょっとした発想の展開で、コロンブスの卵的、解決策が見つかりそうな気も
なんかします、します!
14. Posted by papa   October 19, 2010 13:39
僕も、いろいろ知らなかったことがありましたよ。

今回のメキシコ湾での原油漏れ事故ですが、海に漏れた原油を分散させるために、コレキシット(Corexit)というとんでもないもの、撒いていたりします。
魚のえらなどから吸収されれば、生態系に確実に影響する有害成分が、100万ガロン(1ガロン=3.8リットル)どばーっと撒かれていたりします。
日本の反対側でも、関係ないと云えない事態だったりします。

それを心配する私たちが、実は毎日のシャンプー、洗剤、歯磨き粉で同じようなもの使って、毎日、水に流していたりします。
正直、ものを洗うのに、洗剤って今の1/10で良いの。

それが悪いとは、思わないんです。
知らなかっただけだもの。

じゃあ、知れば良いだけ。

それで、どんどん伝えて行けば良いと思うの。
知らないって、すごく怖いことだなぁ、思うんですよ。
テレビで良く名前の聞く信頼のある会社のやることだから、安全なんて云えない。
人が自分と同じ価値観でものを作っているとは云えませんもの。


それでも、「怖いんですよ」とか、「許せない」とか、
そういうネガティブな方向性ってあんまり好きじゃないなぁと思いました。

違うアプローチもあると思う。

『楽しい』の中に、いろんな気づきのあるかたち。
そういう環境問題の取り組み方をしてみたいなって、思うんですよ。

うん。
「環境を考える」は、まだまだ、これから。
もっと、面白いことやっていきますからね。
15. Posted by 。   October 20, 2010 06:52
あら、やっぱり
エネルギーになるんじゃありませんの。

知るって、難しいです。
何も知らないと、
どこから調べてったらいいのか、
そのとっかかりさえ分からないことが
多いんですもの。
でも、気に掛かることを心にとめていると、
どこかでパズルのピースのように、
納まるべきところに納まって、
全体像とか、どこがまだ欠けているかが、
見えてくることがあります。
知らないことから、逃げないことも、大切ですね。
誰だってみんな、最初は何も知らないんですもの。
16. Posted by papa   October 20, 2010 13:43
最近、伝える云うことの大切さを意識します。
その難しさも。
17. Posted by kazumama   October 23, 2010 22:02
こんにちは!papaさん
いつも楽しく拝見してます。
以前読んだ本に、石油は地球の血液のような物だと書いてあった事をpapaさんの話で思い出しました。

18. Posted by papa   October 24, 2010 23:42
こんばんは、kazumamaさん。

石油もガスも、便利ですよ。
一度使うと、もう原始的な火力って、考えられないもの。

でも、あの火が燃えて、料理がジュージュー云う感覚は、くせになるんですよね〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔