October 29, 2010

仙人の住む山

「自由に空を飛び 幸せを歌う鳥のように」お父さん、八ヶ岳に来ました。
今、料理修行で、イノシシと戦っています。

PA250011

下から突き上げる牙を、両手でずしんと押さえるも、
巨大なイノシシに吹き飛ばされて、地面に叩きつけられる。
くっ、こうなったら最後の必殺技を出すしかないか・・

(物語は、フィクションです。実在の人物は関係在りません)


改めまして、八ヶ岳に来ました。
甲斐大泉の知る人ぞ知る山梨の穴場スポット「仙人小屋」。

P9130208

かなりの穴場過ぎて、知らない人が多いのが難点だけど。

ちまたには「自然食」と云うジャンルがあるが、
この店のごはんは、究極の「自然食」と云える思う。
文字通り「自然」を食べるのだ。

仙人を名乗るご主人は、山師を受け継ぐ「山」のエキスパート。

店で出す食材。山菜、天然のきのこ、川魚から熊に至るまで、
そのほとんどを山から調達するの。
お店には「熊とれました」の張り紙。
ある意味、異世界。
他に類をみないコアなお店と云えます。

一部のマニアックな常連客が、巡礼のように今日も山を登る。


素材は、厳選された「山のもの」。

春は山菜。夏は魚を釣り、秋はきのこ。
そして冬はなんかいろいろ熊とか、鹿とか。
ご主人、槍を片手に山を登るらしい。

メニューは色々あって、今はちょうどきのこの時期。

「でも、今年は乾燥していて、あまりとれねぇのよ」

温暖化の影響でしょうか。
メニューにあった『きのこ天丼 1500円』に惹かれて、注文。
季節限定『きのこ汁』も美味しそうだなぁ。

追加、追加っと♪

「おう、お待たせ」

PA250017

『きのこ天丼』

ごはんの上に、山盛りのきのこ丸ごと素揚げの軍勢。
そして、入りきらなかったきのこの天ぷら達が、別皿でお供つかまつる。
とどめを刺すのは、山のきのこが主成分80%を占める、「汁もの」。

テーブルの上に繰り広げられるきのこ三昧。
いつきても思うのだが、ボリュームがおかしい。

いや、仙人、きのこ不作って嘘でしょ。


ちなみに、この日は全部違うきのこ。

八ヶ岳には、2000種以上のきのこがあって、中には名前のない新種もゴロゴロ。
うち、見分けられるのは800種。食べられるのが350種。

(図鑑と照らし合わせて「天丼」を食べる、マニアなお客もいる)

山のきのこをお店で出すのは、大変なんです。
毒きのこって、意外と危険度高いんですね。

仙人の確かな鑑定眼だからこそ、この『きのこ三昧』なの。
そして「貴重な山の幸をてんこもり」という、お客様へのサプライズあるサービス。
決して、ぶれないその独自のスタイル。

心から尊敬する料理人の一人です。


山のことを知り尽くし、山を敬い、
山を守り、山の恵みで生きる。
この美しい八ヶ岳のように、厳しくも、優しい生き方。

僕も、いつか彼のように、自然の中で生きてみたいと思うのです。




あ、冒頭で僕が戦ってたイノシシ。
この店のマスコットキャラクター「桃太郎」です。

6521e3fa

うりぼう(イノシシの子供の呼び名)時代の桃太郎。
ちょっと前まで、こんなに可愛かったのに。

PA250015

今では、堂々たるお尻。どーん。
たぶん、戦ったら負けるだろう。

「ああ、あいつは喰えねぇな。
 なんか情が移っちまってよ。」

と、仙人。
専用の小屋に、パンダが遊ぶような遊具のタイヤがくくりつけてあった。
末永く、幸せに暮らして欲しい。



【関連する記事】

マクロビパパの奮闘記より「仙人のきのこ」

【仙人小屋】

電話  090-8812-9958
住所  山梨県北杜市大泉町西井出6924-2
定休日 4~10月 毎週木曜日 
    11月・3月 毎週水・木曜日 
    12~2月 毎週火・水・木曜日
HP  http://www.oizumi.ne.jp/~sennin/

山梨に来たら、行くべし。


bluetailhappiness at 00:18│Comments(7)TrackBack(0)clip!旅の記憶 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 。   October 29, 2010 08:11
ほっほー、これが、エリュマントスの小屋。

誰が一番悪乗りしてるんでしょ?笑
2. Posted by papa   October 29, 2010 08:54
>誰が一番悪乗り

大賞には、お二人ノミネートされています。
甲乙、付けがたいですね。

ちなみに、桃太郎は人間大好きです。
僕が近づくだけで、がばっと起き出してきて、
「ごはん、ごはん〜」っておねだりします。
3. Posted by goodtime-masuho   October 29, 2010 09:48
いやぁ~エリュマントスの小屋は
八ヶ岳の麓にあったんですね~。

しかもそのイノシシの名前が「桃太郎」だなんて!
アリストテレスとかピタゴラスとか(これもちょっと違うか)
じゃなくて。

やはり、一度は戦って勝利を勝ち取ってから
仲良くなったんでしょうね。

昔の青春ドラマのように。

でも、二人並んで走る砂浜がないのが山梨の悲しいところですね。
4. Posted by papa   October 29, 2010 10:05
>いやぁ~エリュマントスの小屋は
 八ヶ岳の麓にあったんですね~。

さりげない会話から、東の横綱の登場。

>やはり、一度は戦って勝利を勝ち取ってから
 仲良くなったんでしょうね。

昔のジャンプの漫画のようにですね。

>二人並んで走る砂浜がないのが

もののけ姫みたいに、背に乗って、山を駆け巡るのも、悪くないものです。
5. Posted by goodtime-masuho   October 29, 2010 11:15
>昔のジャンプの漫画のようにですね。

残念、中村雅俊や勝野洋の学園ドラマの世代でした。
6. Posted by 。   October 29, 2010 12:53
仙人さんが、アルカディアの住人であることは、
パパさんの記事から伝わってきますわ。
なんたって、エリュマントス山は、
アルカディアにあるんですもの。

「こいつは食えねぇ。」爆
で、次はどちらへ?
7. Posted by papa   October 29, 2010 20:20
>アルカディアの住人であることは、

西と東の横綱しか、コメントできない話になっちゃってるような気もしますが。

>中村雅俊

俺たちの旅なら分かります。

>で、次はどちらへ?

ここからが、このブログの本番ですよん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔