November 20, 2010

森のようちえんとポカホンタス

DSCF5028

「森のようちえん」は、自然の中の幼稚園。

元気いっぱいに子供達が、遊んでいるのは、ごくありふれた幼稚園の光景ですが、
ここは少し違う。

森の中に、雨風をしのげる程度の簡素な園舎。
料理をする子に、木工をする子。ブランコをする子や、ただ走り回る子。
子供達は、思い思いに好きなことに取り組んでいます。

DSCF5027

ノコギリを使って、ツリーハウス作ってる子もいれば、
包丁と焚き火を使って、ごはんを作る子もいます。

普通、みんな同じことをさせる。
危ないことはさせない。

一緒に歌って、一緒に寝て、テレビを見て。
包丁や火を使うことも、危ないって、
僕たちは、子供達をそういうところから遠ざけます。

面白い教育の形もあるんだな。
なんでだろうって、昔から興味があったのです。

山梨にもそんなスタイルの幼稚園がひとつだけあって、
ちょうどお祭りだと云うことで、家族で覗いてみることにしました。


IMG_0050

幼稚園は、結構、山の上にありました。
興味があるけど、毎日ここまで通うのは、ちょっと大変かなぁ。

徐々に冬支度をはじめた八ヶ岳は、肌寒いけど、
子供は風の子、やたら元気です。

開始5分で、お兄ちゃんはすでに行方不明。
久々のお祭りでワクワクしていた、ヒメ@娘6歳も云う。

「パパ、100円ちょーだい」

もう、買い食いですか?
お茶も、おにぎりも持ってきてるよ。

IMG_0062

ダッシュでいなくなったヒメ、『弓矢作りのワークショップ 100円』で発見。
熱心に、竹の弓矢を削り出す。

なぜ、この子はこう野性的なのだろうか。
何を狩るつもりなのだろうか。

IMG_0059

武器、完成。
試し撃ちをすべく、ポカホンタスのように颯爽と森に消える彼女。

「家に帰ったら、矢の先っちょ尖らせな。もうちょっと刺さるようになるからな~」

と、弓矢の先生(知人)が、声をかける。

ちょっと先生、嫁のもらい手が無くなりますから。
猟師になって、イノシシの毛皮を着ちゃいますから。

IMG_0073

幼稚園のイベントだけあって、子供が多い。
当然、問題が発生する傾向が高い。

「おもちゃの刀」が一本。
数人の子供達で、取り合いになった。

でも、先生が云います。

「刀が一本在るね。でも欲しい人は、いっぱいいます。
 みんな、どうしようか?」

子供達は、あれこれ相談をはじめます。

「半分に切っちゃおうか」
「順番に使おうか」
「じゃあ、じゃんけんで勝った人」

結局、じゃんけんで決めることになった。

それは、「じゃんけんで決めなさい」と先生が云うのとは違うの。
半分にしなさいとか、順番に使いなさいとか、先生は指示をしない。

それがどんなに正しくても、大人の視点、大人の意志だから。

子供は自分たちで、考える。
子供は相手の考え方に耳を傾け、自分の要求を提案することを学ぶ。
その「コミュニケーションの基本」は、強制ではなくて、提案なんだと思う。

それだって、子供に強要しないの。
大人がそういう生き方をしていれば、子供はそれを吸収していくから。

子育てって、親が育つこと。

たぶん、それが「森の子のスタイル」。

IMG_0068

なんだか10分くらい、ずっ~と、じゃんけんしてる。
長いな。

これだけ人数が多ければ、グーチョキパー3種類しかないんだもん、
いつまでもあいこでしょ。

気がつこうよ。


で、結局20分くらい続いてた、じゃんけん。

IMG_0069

そして、見事勝ち残り、おもちゃの刀をゲットしたヒメ。

お前が勝って、どうするの。
竹の弓矢におもちゃの刀で、ポカホンタス完全武装。


君がどーしても、将来、猟師になる云うじゃあ、パパも諦める。
せめて、立派な狩人になって欲しい。


bluetailhappiness at 00:30│Comments(11)TrackBack(0)clip!日々のあわ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by .   November 20, 2010 15:05
高校生になったら、
仙人さんのところで、アルバイト?

うーん。
おばばも心配なので、
何か、おしとやかになる方法を
考えてみます。

ところで、
塗料、どうでした?
弓矢に塗るという使い方もありますわね?

・・・え?
はいはい、そうでした、
おしとやかに、でしたわね?
2. Posted by papa   November 20, 2010 17:05
「おしとやか」って、何だったっけ?
と、思って検索してきました。

【お-淑やか】
性質や動作がもの静かで上品であるさま。
また、つつしみ深いさま。

慎み深い彼女が、ピンと来ません。
彼女らしくで、良いのかもしれませんね。

家では、小悪魔の王様ような諸行ですが、
学校の二者面談で、先生の評判がすこぶる良いのです。
優等生です。

仙人に会わせたら、たぶんえらい気に入ると思います。
3. Posted by goodtime-masuho   November 21, 2010 13:10
やっぱり難行に挑むヘラクレスの娘だねぇ。

忍者屋敷レストラン「キッチンお花」の
「くのいちウエイトレス」は決まりだ!!

刀も弓も引き寄せる!!
殿!御覚悟を!!
4. Posted by papa   November 21, 2010 15:01
>「キッチンお花」

はい、勝手に名前変えない。

>忍者屋敷レストラン

コンセプトが違います。

>「くのいちウエイトレス」

募集していません。

>刀も弓も引き寄せる!!

ジュダイじゃないんですから。

>殿!御覚悟を!!

背後には、気をつけます。
ツッコミ処が多すぎて、捌ききれません。
5. Posted by 白州のウルトラマン   November 21, 2010 16:28
立派な猟師になったら、ぜひ弟子入りさせてください。
、、、とお伝えください。
6. Posted by みっこ   November 21, 2010 17:18
くの一、確か大阪に一人いましたね(笑)

合気道はいかがですか。
礼に始まり礼に終わり、見ていてすがすがしいです。
護身術にもなるし。
山から熊が出てきてもエエィと山奥に投げ返す・・・・ことはしないけれど。
うちのあたり、小熊がうろうろしてるらしいです。
そちらは出没してませんか?
7. Posted by papa   November 22, 2010 09:30
>立派な猟師になったら、ぜひ弟子入りさせてください。
、、、とお伝えください。

10年くらいかかるけど、それでも良いかと申しておりました。
8. Posted by papa   November 22, 2010 09:33
>そちらは出没してませんか?

朝早く、隣のおじさんが大根をずぽん、ずぽん抜いていたので、
おばあちゃんが声をかけたら、熊だった。
という話を聴きました。

イノシシもシカも、わんさといるので、
活躍の舞台には事欠かないようです。

大阪のくの一さんにも、宜しくお伝えください。
9. Posted by mako   November 22, 2010 09:53
papaさん、おはようございます。

この土日は天気にも恵まれ、息子と近くの公園で遊びました。 ※もちろん息子の方がタフです。妊婦はクタクタ。お昼寝も一番ノリでした。

森のようちえん、楽しそうですね♪
こういう時の子供たちはとってもキラキラしてる気がします。
あぁ、私も一緒に混ざって遊びたい!

実家が兼業農家で自然いっぱいに囲まれて育ったので、こんな雰囲気が懐かしいです。

そんなウチの王子4歳はとってもビビリ。
姫の野性的さをわけていただきたいくらい。。。

猟人かくの一か仙人か・・・姫の未来が楽しみですね☆
10. Posted by papa   November 22, 2010 10:01
僕は子供3人いますが、同じDNAを受け継いだにもかかわらず、
あまりにも性格が違います。
違うように生まれることに、意味があるのかもしれません。

4人目、どんなのが現れるのか、楽しみです。

>猟人かくの一か仙人か・・

いずれかに、就職口があると良いのですが。
11. Posted by わい   December 18, 2010 07:07
うちの二女(3歳)は広島の森のようちえんに通っています。
毎日森の中で過ごし、日々たくましく、野性化していっております!
森のようちえんどんどん広まっていっているみたですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔