November 29, 2010

魔法の箒を探す旅

神話に、ヘラクレスが挑んだ12の難行という話がある。
彼の挑んだ難題のひとつが『アウゲイアスの家畜小屋掃除』

三千頭もの牛を飼いながらも、
30年間、家畜小屋の掃除しない、超迷惑なアウゲイアス王。
そりゃ、汚いし、臭い。

家畜小屋の異臭に、国中からクレームが来る状態で、
「王の家畜小屋を1日で掃除しなさい」という無理難題が
ヘラクレスに与えられる。

ヘラクレスは「家畜の10%をくれるなら掃除する」と約束するの。

「よかろう」と王様。

ヘラクレスはその怪力で、「えいやっ」と川の流れを変え、
小屋ごと汚れを流しちゃうという、水洗トイレのような荒技を実行。
跡形もない。

結局、牛はもらえなかったんだけどさ。

その小屋を掃除することになった、ヘラクレスの気持ちが、
今、僕はよくわかる。

PB270120

我が家が、汚いのだ。

散らかっていると云うより、「すさんでいる」という表現が適当だろうか。
ヘラクレスのように、水で押し流してしまえば、
どんなに気持ちよいだろうかとは思うが、そうも行くまい。

・・・。
そういえば、ディズニーの映画に、ひとりで踊って部屋を片付ける、
魔法の箒があったような気がする。

散らかった部屋を後に、パパは、魔法の箒を探す旅に出た。


やってきたのは、【ライブ工房 ホサカ】
伝統文化を伝える会のともだちのお店。

PB170035

ちょうど、『箒展』をやっているのね。

立ち並ぶ立派な箒たち。
これだけあれば、捜し物も見つかるかもしれないでしょ。

PB170026

座敷で使う箒は、『ホウキモロコシ』から作られるの。
イネ科の一年草で、草丈は2メートル。
とうもろこしの、仲間なんだね。

4月に畑に種を蒔くと、7月には収穫できる。
収穫した茎を掃除して、茹でるのね。

PB170025

12段階以上に選別をします。
選別は、大変重要な作業で、熟練の職人が手で触って、コシがあって柔らかいものを選り分けていきます。

なぜ選別するのか?
それは使ってみると分かる。

PB170032

これで1本2万円の箒。
箒の先端が、細く縮れています。
この箒で掃くと、埃が全然、舞い上がらない。
カーペットのゴミもどんどん掃き出す。

この『先端を揃えて編む』というのが、職人技なのね。

PB170037

普通はそれが出来ないから、先端を切りそろえちゃう。
これが1本1800円の箒。
全体に堅く「しなり」がないため、掃くと埃が舞い上がる。

PB170034

1本5万円の箒。
なんかもう、先端が芸術的。
そして軽い。

2万円の箒で、5回掃いていたところが、2回で済む。
安い箒の数十倍のスピードで、スイスイ掃けるの。


箒は廃れてしまっています。
箒で掃除している人は、少ないでしょう。

掃除機の普及。そして和室が少なくなったこと。

戦後、日本はどんどん欧米化していったでしょう。
みんな真似して「カーペット敷き」にしたけど、高温多湿の日本には合わないって気がついて、『フローリング』に戻ってきた。昔で云う『板張り』の部屋。

でも、掃除機で掃除するという習慣は、箒に戻らなかったの。

1本5万円の箒なんて、「高いじゃん」思うけど、
掃除機もそれくらいするもの。

そして10年、20年と使える。
電気代もかからない。

そして、何より掃き集める、その行為が楽しい。
僕は、箒で掃除するときの音が好きです。


おっと、今回は、僕の家をピカピカにしてくれる魔法の箒を探しに来たんでしたね。
多少、値が張るのも、覚悟の上ですよ。

胸ポケットには、パパのへそくりも持ってきましたから。

PB170008

おお。
この神々しさ。
この箒が、探し求めていた一本に違いない。


PB170007

一本、百万円。

値札すら、神々しい。
神々しすぎて、手に取ることすらはばかられる。

難があるとすれば、手に取らなければ、掃除が出来ないことだろうか。

さて、良いものを拝ませて頂いたところで、現実逃避の魔法も切れる。
我が家に帰って、片付けをしようか。



bluetailhappiness at 06:53│Comments(10)TrackBack(0)clip!例えばこんな話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 。   November 29, 2010 10:01
過去の恥ずかしい思い出を、
きれいさっぱり、
掃き出してしまいたい、おばばです。

おじじ「吐き出しちゃったら、世間様にバレちゃうよ。」
おばば「吐き出すんじゃなくて、掃き出すの!」
おじじ「それも、傍迷惑だよ。」
(-_-メ)

うーん、じゃやっぱり、魔法で消しちゃうしかないか。

♪まはり~く、まは~りた、やんばらやんやんやん♪
2. Posted by さくさく   November 29, 2010 11:39
百万円箒すごーっ!!
玄関に逆さに立てたら
一切客人来なくなりそうー!!!!

私は箒族、いや、雑巾族とのハーフです。
濡らした新聞紙散らばして掃いてますが、
えぇ箒やったらその必要ないんですねぇ。
3. Posted by papa   November 29, 2010 13:16
>おじじ「吐き出しちゃったら、世間様にバレちゃうよ。」

情報公開(グラスノスチ)というやつですね。
人生にも改革が必要かと思われます。

>♪まはり~く、まは~りた、やんばらやんやんやん♪

一般の読者が引きますから、呪文は唱えない(笑)。
4. Posted by papa   November 29, 2010 13:19
こんにちは、さくさくさん。

百萬円様だけ、値札が別格でした。

掃除用具と云うより、箒本来の持っている神器としての形なのかもしれません。
箒そのものが「家の守り神」というか。

箒の神様は、「産神様」です。
新しい箒で妊婦のお腹をなでると、安産になるという言い伝えもありますね。
5. Posted by goodtime-masuho   November 29, 2010 13:21
お掃除頑張ってね!!
頑張れば百万円の箒が夜な夜なpapaさんの家に飛んでくるかも!
航空高校の上空を舞う箒に乗ったマクロビパパ!!
かっこいい~!!
6. Posted by papa   November 29, 2010 13:28
goodtime-masuhoさん。

そういえばハリーポッター様も、こんなのに乗っていましたね。

車も故障しちゃいましたから、そろそろ空でも飛ばないとダメかなと思っていました。

掃除も並行して、頑張っております。
7. Posted by Levi   November 29, 2010 14:29
こんにちは

お子さんが多いとお部屋が散らかりますよね。
何か良い手があればいいですね。

うちは箒で掃除しています。
掃除機は壊れた時に捨てて、新しいものを買っていません。
そうそう、ゴミが集まると「掃除した~、きれいになった~」と実感できるのも楽しいんですよね。

箒って良いものは高いですよね。
うちはフローリングに優しいというので、棕櫚の箒です。
今は少なくなったけど高きびの箒もあるそうですよ。

8. Posted by まりぽさ   November 29, 2010 21:46
うちも掃除機の調子が悪くなってから、箒でお掃除するようになりました。
100万円の箒なら、本当に空飛ぶ気分でお掃除が出来そうですね♪
職人技、すごいですね〜。
散らかりと心って比例してるな〜って、最近、思ったりします。
9. Posted by papa   November 29, 2010 22:05
こんばんは、Leviさん。

棕櫚(しゅろ)の箒も素敵ですね。
天然のワックス効果があると聞きます。

僕の使っているのは、普通の箒でしたが、実際、良いものを使ってみて、それだけの価値はあるなぁと思いました。

でも、やっぱりちょっと値段が高いのが、難点です。
10. Posted by papa   November 29, 2010 22:08
まりぽささん、こんばんは。

散らかり具合と、心が比例しているというのは、あると思います。
部屋を片付けると、心がすっきりしますもの。

マクロビオティックに「身土不二」という言葉があります。
食材の地産地消のような意味合いで使われる言葉ですが、
環境と僕たちがひとつのものだと云う意味ですね。

僕たちと暮らすこの家も、また、つながっているのだと思うんです。
箒探しに行くより、ちゃんと片付けします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔