January 11, 2011

藤かご作りワークショップ開催します(追記あり)

2011年1月22日(土)。
山梨の木の文化を発信するアンテナショップ「木の国や」さんの主宰で、
前回、超人気だった「藤かご作り」のワークショップがアンコール開催されます。
(おかげさまで定員に達しました。ありがとうございます)


【インフォメーション1/11】

会場が変更になりました。

当初、「御勅使南公園みだいみなみこうえん」とご案内致しましたが、
「御勅使南公園」ではなく「御勅使川福祉公園みだいがわふくしこうえん」が会場です。

『地図でみる →「御勅使川福祉公園」』

なお、集合・受付は南アルプス市「木の国や」に8:00です。
8:30には木の国やを出発したいと思いますので皆さん遅れずに。



PA090307

ちょっとくらいでこぼこでも、それが良い感じの味になる。
上の作品は、僕の初めて編んだもの。

素人で、ぶきっちょの僕が作ったのでも、見栄えするでしょ。と自画自賛です。

PA090313

講師は、この道ベテランの源馬先生。

一見、難しい藤かごも、ワークショップでコツを覚えちゃえばスイスイ編めます。
(前回ワークの様子はこちらから→【藤かご職人】


原料となるのは、『アオツヅラフジ』というツル科の植物です。

800px-Cocculus_orbiculatus3

↑これね。

PA110318

原料となるのは、『アオツヅラフジ』というツル科の植物。
密生すると、森林をヤブ化してしまうため、生息する動物を減らし、
水を蓄えるための「森の力」を損ないます。
アオツヅラフジの利用をすることは、森を守ることにもつながるのね。

今回のワークショップでは、
森に入って、原料の「アオツヅラフジ」を取るところからスタートです。
「ツタ漆」のように、うっかり触るとかぶれてしまう植物もあるので、
アオツヅラフジがしっかり見分けられるスキルが、大切なの。

PA090292

そして、『原料』が自分で見分けられるのなら、
藤かごもどんどん量産できる。
「藤かご職人」も夢でないという素敵な講座です。

ちなみにアシスタントは、papaです。
皆様が快適に藤かご作りに取り組めるよう、アシストします。
(自分の籠ばっかり編んでたら、ツッコンで下さい)

先生の藤かご作りは、どこに行っても超人気の講座になります。
この開催が決定した瞬間、1/4が埋まっちゃたし。
(満席になり次第、募集終了します)

夜なべして、パンフレットとか作ってみました。

藤かご作りワークショップ1月22日

 『山の恵み 藤かご作りワークショップ 第2回』

日時 1月22日(土)
  8:30  「木の国や」に集合します
 15:00  現地解散 
場所 韮崎市 御勅使南公園(みだいみなみこうえん


対象  一般(どなたでも)
定員  20名
(定員になり次第締め切らせて頂きます)
参加費¥1,500
講師  源馬 傅一氏

* ツルを切るはさみ、汚れても良い格好、お昼ごはんをご持参下さい。

【申込先】
〒400-0211
南アルプス市上今諏訪850-1
山梨県産材協会「木の国や」
TEL : 055-280-2020

寒いから、暖かい格好できてね。


bluetailhappiness at 23:24│Comments(29)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 。   December 15, 2010 12:51
きのくにやさんと
かけまして、
籐籠と、ときます。
そのこころは…

どちらも、
みかんが、つきものでしょう。
(きのくに違いですが)

もすっちです。
2. Posted by まりぽさ   December 15, 2010 22:34
papaさんブキッチョだったのですか?
チョット、驚き(^^)
籠編み、いいですね〜。
自分で編んだ籠をもって、山に散策に行きたいなあ。
3. Posted by goodtime-masuho   December 15, 2010 23:03
山梨県以外から参加ご希望の皆さん、
広い駐車場も完備しております。

【長野方面から】
中央道双葉JCから中部横断道へ
白根ICより約5分で木の国やへ

【東京方面から】
中央道甲府昭和ICより約15分で木の国やへ

アオツヅラフジを絶滅危惧種にしないように
節度を持って籠を作ろう。

お出かけ下さい。

by 木の国や雑用係
4. Posted by papa   December 16, 2010 23:15
もすっちさん、こんばんは。

コメントの技術が高度すぎます。
5. Posted by papa   December 16, 2010 23:17
まりぽささん、こんばんは。

>papaさんブキッチョだったのですか?

超ぶきっちょです。
クラフト系で、僕が出来ることは、まず誰でも出来る思います。
僕のぶきっちょが、誰かのやる気になるなら、それで成仏できる感じです。
6. Posted by papa   December 16, 2010 23:19
goodtime-masuhoさん、さりげないアテンド、ありがとうございます。

>アオツヅラフジを絶滅危惧種にしないように

作りすぎには、気をつけようと思います。
7. Posted by はたやま   December 17, 2010 05:54
こんにちは!新しいブログが始まっていたことをようやく知りました。
薪ストーブの灰の使い道を考えて検索していたら、papaさんの昔のが高い順位で出てきました。藤かご作り、おもしろそうですね。
妻が習いに行くかもしれないのでよろしくお願いします。
8. Posted by goodtime-masuho   December 17, 2010 17:55
え~、誠に申し訳ございませんが、
つる籠編みワークショップすでに定員に達しましたので、募集を締め切らせて頂きます。

遠方よりお出掛けの皆様、お気をつけてどうぞ。

スプーンづくりのときはこんなことはなかったぁ…。
(スプーンづくり講師のボヤキ)

by木の国や雑用係り
9. Posted by 。   December 17, 2010 20:57
スプーンとかけまして、
ウルトラマンと、とく。
そのこころは・・・

すくうのが、使命です。

もすっちです。
祝 満員御礼
10. Posted by goodtime-masuho   December 18, 2010 13:36
いよ!!もすっち師匠!!

お見事!!

でも、スプーンは残念ながら3分じゃ作れません。

師匠のお力で、どうかスプーンづくりのワークショップもすくってやって下さい。
11. Posted by 。   December 18, 2010 19:50
シュ、シュワッチ・・・(;^_^A
12. Posted by papa   December 20, 2010 00:27
はたやまさん、灰はいっぱいありましたもの。
いろんな記事を書いていました。
お役に立てば嬉しいです。

ワークショップよろしくお願いいたします。
13. Posted by papa   December 20, 2010 00:28
goodtime-masuhoさん、こんばんは。

>スプーンづくりのときは

僕の新しいカフェでもやってください。
スプーン作らないと、カレーが食べられないワークショップ。

あっというまに、満員御礼にしますから。
14. Posted by papa   December 20, 2010 00:30
>すくうのが、使命です。

僕、ホント凄いなって思うんですよ。そういうスキルって。
どんなに考えても、僕の頭から出てこないもん。
15. Posted by 音霊字訳師   December 22, 2010 10:08
初めまして。40年の真玄人です。小川法慶先生の名前でヒットしました。早速ですが、法慶先生が、カボチャの種の殻を柔らかくする方法を知っていて、実際に剥いて食べさせて頂いたことがありましたが、作り方を教えてくれずに天使になられてしまいました。PAPAさん、作り方をご存じないでしょうか。世界平和のためカボチャの種の楽ちんむき方を普及したいのです。宜しくお願いいたします。
16. Posted by 。   December 22, 2010 16:31
横レスで、すみません。

母が、飯盛町の道場で修業させていただいた時、
南瓜の種を、弱火で長時間から炒りした後、
ゆがいて食べた覚えがあると、
申しております。
ただ、法慶先生から直接教わったわけではなく、
阿部一理先生から、仕方を聞き知っていて、
その通りにしたところ、
何も言われなかったそうですので、
その方法でよいのではないかと、
思ったそうです。
失礼しました。m(__)m
17. Posted by papa   December 22, 2010 17:42
3人集まれば、文殊の知恵。
南瓜はいっぱいあるから、やってみない手はないですね。
ワタの部分も、甘酒にすると最高に美味しい云うし。

ありがとうございます、もさん。
助かりました。
18. Posted by 。   December 22, 2010 20:34
あら、
正解かどうかは分かりませんのよ。

法慶先生って、
まず自分でやらせてみて、
それを見て、
ニヤッてなさるか、
黙ったままか、
お怒りになるか、
だいたいそのどれかだったって、いいますもの。

間違ってる時は、
自分でそれに気付くまで、
お怒りになったままで、
決して、
何が、どう違うのかを
教えては下さらなかったそうです。(;^_^A

母は、周三先生にも、法慶先生にも、
可愛がっていただいて、
叱られた記憶がないそうなんですけど、
皆さん、かなり、
こっぴどく叱られておいでだったようです。

「利口になるな。」
と、よく言われたそうです。
「知識は、後からついてくるから。」
って・・・

「賢い人が、嫌いだったんじゃない?」
とは、母の弁。

私が、母に電話を取り次いでた頃は、
すっかり丸くおなりで、
やさしいお声の方でしたよ。
19. Posted by papa   December 23, 2010 23:51
僕は、法慶先生を直接存じませんから。

その教え方もいかにも先生らしいし、
マクロビオティック的だと思うのです。
そういった話を聞けて、ひとつ人柄を知ることが出来ました。

ほとんど法慶先生が書いた文章を見つけることが出来ないのですが、古いマクロビオティックの雑誌(数十年前のコンパ21)にそれを見つけることが出来ます。

http://macrobi.livedoor.biz/archives/51643250.html

も、そうでしたね。


20. Posted by 。   January 03, 2011 13:34
どうやら、
質問の主が、期待なさっていた答えでは、
なかったようですね?

それもまたよし。

答えを求める心を失わない限り、
答えは、私たちを待ってくれます。

考えて、試して、見つけ出すことが
大事なのであって、
知っていることが大事なのでは
ありませんもの。

私も、自分自身の宿題にしておきます。
21. Posted by papa   January 04, 2011 09:15
違うみたいですね。

そっちの方が面白いけど。
まだ知らない剥き方が、あるってことですもの。

>小川法慶先生は陰陽法則の応用とおっしゃっていました。

たぶん、お元気でいらっしゃっても、教えてはくれなかったと思うのです。
食べさせてくれるかもしれませんけど。
それがヒントだと思う。

自然の営みの仕組みが分かれば、それを味わい、楽しむことが出来ます。
それがマクロビオティックの根本的な考え方ですものね。

幸い。
南瓜はいっぱいあります。
22. Posted by 。   January 04, 2011 09:33
お料理に使った南瓜の種を、
その場でお使いになったのか、
あらかじめ、南瓜の種を、
食用に持参なさってたのかで、
違ってきますわねぇ。

「事件簿」シリーズに、新たな展開か!?笑

23. Posted by papa   January 04, 2011 15:49
>「事件簿」シリーズに、新たな展開か!?

え?この宿題、僕が解くの?
24. Posted by goodtime-masuho   January 12, 2011 10:21
え~、よいしょっと、
ここでまたつる籠あみワークショップの話題に
戻しましょ。

参加者の皆さんへ
昨日会場の「御勅使川福祉公園」を下見してきましたよ~。

整備された遊歩道あり、
芝生広場あり、
(ここへBLUETAIL HAPPINESSじゃなかったブルーシートを広げましょう)
遊具もあるので、子供たちが飽きちゃったら
勝手に遊ばせて置きましょう。
良い公園ですよ~。

車、10台くらいは止められます。
途中で帰られる方以外は乗り合わせで行きましょう。
木の国やから20分くらいです。

寒いので暖かい服装で、手袋(軍手)、
剪定ばさみお弁当、お茶を忘れずに。

お弁当を忘れちゃった方は指をくわえててくださいね~
あげませんよ~。

では22日に。       by木の国や雑用係
25. Posted by papa   January 13, 2011 09:26
あ、お弁当必要なの、忘れてた。
26. Posted by goodtime-masuho   January 13, 2011 11:27
つるの識別ができるようになれば、
誰でもどこでも編めますよ~。

そこらじゅうどこにでも生えてますからねぇ~。
簡単ですよ~。
27. Posted by papa   January 13, 2011 12:14
絶滅危惧種の心配は、なさそうですね。
いっぱい作ろうっと。
28. Posted by goodtime-masuho   January 17, 2011 18:33
一番下でも気づいてね!!

え~重ねて事務連絡です。

寒さ厳しきおりですので、
作業の為に木の国サイト情報館「研修室」を
確保致しました。

朝、受付後に公園でつる採取レクチャー、
その後木の国やへ戻り、
「研修室」室内で作業という
スケジュールに変更となります。

雨天の場合はつる採取無で作業できるよう
こちらで事前につるをある程度準備しておきます。

従いまして、雨天決行です。

持ち物、服装に変更はございません。
室内だからと言って
軽装でのご参加はご遠慮下さい。

つる籠をなめるなよ~です。

では皆様お気をつけてどうぞ、
お待ちしております。    m(_ _)m

   by 木の国や雑用係
29. Posted by papa   January 17, 2011 21:12
なんか、たぶんなるようになります。
僕が云うのも、なんですが(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔