June 04, 2010

メーテルリンクの青い鳥

『BLUETAIL HAPPINESS』というブログ。
 あのね、テーマは「しあわせ」です。

 で、なんで僕が「ルリビタキ(この青い鳥→)」
 やってるのかと云う話なんだけど。

 

青色の鳥と云えば、『青い鳥』のお話。

メーテルリンクという人の代表作です。
幸せの青い鳥を探して、
2人の兄妹が「思い出の国」や「未来の国」を訪ね歩く、そんな童話ですね。

僕は、この幸せを探しながらさまざまな国を巡る話が、
昔々に読んでから、とても印象に残っています。


青い鳥はどこにも見つからず、失望のうちに家に戻るチルチルとミチル。
自分の部屋の鳥かごに飼っているキジ鳩が、美しい青色に変わっていることに気がつきます。

でも、手を伸ばし、青い鳥を捕まえると、
鳥はするりと抜け出して、飛び去ってしまいます。

「どなたか、もし鳥を見つけたら、
  ぼくたちに返していただけませんか?
  ぼくたちには青い鳥が必要なんです」

そんな台詞で終わる。
童話にしては、ハッピーエンドじゃないですね。
幸せは、もともと身近にあったという話でもないと思うの。
逃げちゃうからね、鳥。

これ元々は、戯曲(お芝居)です。

幸せが見つからない、不安を抱えながら、
終わりない旅をする私たちです。

見つけた「幸せ」も、手にしたとたんに、
すり抜けていってしまうものなのかもしれません。
チルチルとミチルの「青い鳥」のように。

でもね。
僕たちは、何回でも青い鳥を探して、旅に出ることが出来る。

ハッピーエンドにたどり着くことが、
必ずしも、僕たちを幸せにするわけではありません。
旅の途中、そのたくさんの思い出が、
僕たちの幸せを作ってくれる。

いろいろ見て歩こう。
世界には、まだ知らないことがいっぱい待っています。

たとえ目的地にたどり着けなかったとしても、
それで良いんだと、僕は思うの。


うん、僕の場合。
僕が「青い鳥」やってるから、今さら探しに行くでもなく。

でも、そのうち、また旅に出ようと思います。
探す旅もまた、楽しいものですから。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 甘い七号食  [ 明け方、南向き日記 ]   September 14, 2010 09:05
手が痒い、そこから広がっていろいろなところが痒い。 頭の中も痒い。 こどもの寝顔。 ぺったりと目を閉じる。じめんに張り付く。 夫の寝顔も。 その場しのぎでない言葉を使うこと。 いつも、ずっと一緒にいる人には、せめて。誠実に。 掃除もご飯も洗濯も追いつかないで自

この記事へのコメント

1. Posted by かなりあ   June 05, 2010 01:43
鳥の世界へようこそ!
papaさんも、とうとう鳥になられましたね。

青い鳥のお話は、遠~い記憶ですので、正確には覚えていませんが、
(あぁ年がばれる・・・)
子供心に「幸せって、掴まえるものではないんだぁ」と
思ったことがありました。

掴まえたものを放せば、逃げていくもの。
でも幸せって、そんなものではないと思うのですね。

書家の相田みつをの書で、私の好きな言葉があります。
『幸せは いつも 自分の心が決める』

周りから見ますと、私はとても大変で不憫で気の毒かもしれません。
でも当の本人は、ちっちゃなことにも「幸せ~♪」と思えるお気楽者です(笑)

『幸せは いつも 自分の心が決める』
どんな状況におかれていましても、自分が幸せだと思えるならば、
その状況など関係無いのかもしれないな~と、CSをとおしての学びです。
2. Posted by papa   June 05, 2010 09:05
ルリビタキも、きれいな鳥でしょう。
とても素敵な声で鳴くのです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔