May 2011

May 30, 2011

ロケットストーブワークショップ

P5280235

道具をキッチリカッチリ、揃えてみた。
形から入る、典型的なB型人間。

今日は、ロケットストーブワークショップの日です。
続きを読む

bluetailhappiness at 23:18|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!ロケットストーブ 

May 29, 2011

マクロビパパの事件簿 第1話

「材料よしっ、調理器具よしっ!」
  
 愛車“空飛ぶキッチン号”のトランクを覗き込みながら、パパは、満足げに微笑んだ。
  
 パパは、プロの料理人だ。
 今は、知り合いの店を手伝ったり、単発のカフェを開いたりの毎日だが、
 いつかは、自分の店を持ちたいと願っている。
 時には、今日みたいに料理教室の出前を引き受けることもある。
  
 マクロビオティック・・・聞きなれない名前だよね。
 玄米菜食、何それ?ほんとに、美味しいの?栄養偏らない?
 病気が治るって、ホント?なんで、お砂糖や牛乳や卵がダメなの?
 えー、お肉もダメ?それで、どうやって、お料理すればいいの?
 ・・・パパも、最初はそうだった。
 ある日、人参君に話しかけられるまでは。続きを読む

May 26, 2011

200V三相の罠

「パパさん、これダメですね」

朝一番。聞き慣れた台詞が僕を呼びます。
はいはい、新しいトラブルですね^^。

「これですよ。困りました」と、電気屋さん。

IMG_0919

・・・何これ。
続きを読む

May 23, 2011

2歩進む

友人がお店を東京に移転するという。
山梨でも、繁盛してたのに、もったいないじゃん・・と思いつつ、すぐ電話。

厨房機器とかさ。なんかいらないのない?

「とりあえず、全部要らない。
 欲しいのあったら、安く譲るよ」

ほら。ダメ元でも、聞いてみるもの。
虎穴に入らずんば、虎児を得ずなのだ。

IMG_0713

だって。
大きくて、分厚いステンレスの素敵なレンジフード。

これ、普通に買うとめちゃ高いもの。
続きを読む

May 20, 2011

価値のないもの

IMG_0102

水道屋さんの引っ越しの手伝いに行ったとき、
庭先に置いてあった、ガラクタ。

製麺する古い道具なんだけど。
すごい錆びてるし、20年くらい前の麺がこびりついてるし。
ちょっと触ると、手が錆で赤くなる。

「要らない」云うから、もらってきた。

休みの日には、金属ブラシ買って来て、庭でゴシゴシが日課。
嫁の視線は冷たいけど、貰っちゃったんだから仕方無いじゃん。

古いものが好きなのは、昔からだし。
続きを読む

ロケットストーブ作り ヒートベンチの設計

IMG_0915

ロケットストーブに接続する「ヒートベンチ」を設計しています。

通常の薪ストーブって、空気を暖めることで、間接的に人間を暖房するけど、
ロケットストーブは、ヒートベンチのような「蓄熱ユニット」を暖めて、
ダイレクトに人間を暖める。

生み出した熱を、一度、蓄えてから、じんわり暖める。
ホッカイロのような暖房なのね。
続きを読む

bluetailhappiness at 01:48|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!ロケットストーブ 

May 17, 2011

伝統文化を伝えていくこと

ここのところ、一年ほど。
「あさぎ」というチームに所属して、
「伝統文化を伝える」をテーマに活動してみました。

「魔法のホウキ」とか、「桐の箪笥」とか、そういう記事も書きましたね。

でも、どちらも確かに古いもので、素晴らしい「伝統」ではあるのですが、
武家の文化、限られた人たちのものでした。

じゃあ、「伝統文化」って、何でしょう?

未来の豊かさを考えるとき、その答はずっと過去にあると、僕は思うのです。



「伝統文化」という名前で、僕たちが受け継いできたもの。

古い時代を、豊かに暮らすために重ねてきた、
先人たちの『知恵の結晶』と思うの。

受け継ぐということは、その形を変えていくことだと思う。
その知恵が、いつまでも受け継がれ、私たちの暮らしを彩るように。


bluetailhappiness at 01:03|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!例えばこんな話 

May 16, 2011

石のビオトープ

IMG_0845

先日、完成した石垣に、いろんな生き物が住み始めました。

夏は、涼しく、冬暖かい。
小さな生き物には、人気のマンション物件です。

101号室は、細ヘビさん。
ぴょろりとした可愛い子ですが、
昼は、顔を出しません。

キッチンの床下で、冬眠中だったところ、
石垣に転居してもらいました。
続きを読む