May 17, 2011

伝統文化を伝えていくこと

ここのところ、一年ほど。
「あさぎ」というチームに所属して、
「伝統文化を伝える」をテーマに活動してみました。

「魔法のホウキ」とか、「桐の箪笥」とか、そういう記事も書きましたね。

でも、どちらも確かに古いもので、素晴らしい「伝統」ではあるのですが、
武家の文化、限られた人たちのものでした。

じゃあ、「伝統文化」って、何でしょう?

未来の豊かさを考えるとき、その答はずっと過去にあると、僕は思うのです。



「伝統文化」という名前で、僕たちが受け継いできたもの。

古い時代を、豊かに暮らすために重ねてきた、
先人たちの『知恵の結晶』と思うの。

受け継ぐということは、その形を変えていくことだと思う。
その知恵が、いつまでも受け継がれ、私たちの暮らしを彩るように。


bluetailhappiness at 01:03│Comments(6)TrackBack(0)clip!例えばこんな話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Levi   May 17, 2011 12:22
こんにちは

伝統文化と言ってしまうと何か特別な物のような気がしますが、人間はつい100年前位までは様々な物や事柄を命と共に受け継いで暮らしてきましたよね。

それが近代化で生活が変わり便利になって、物を買うことで生活が成り立って行く社会になってしまった。
今は高齢者も子どもも役割が同じ。
本来は年代によっての役割があり、順繰りで回ってこそ価値があった。
そういう価値を守りたいと思う今日この頃です。
2. Posted by AGUL   May 17, 2011 20:18
「梅干しと日本刀」?

私の思いは、Mixiの日記に
“ふるさとシリーズ”として
書いたんだけど、
残念、パパさん退会しちゃったのね。

日本の伝統文化を支えてるのは、
パパさんのような
懲りない人たちのおかげかも?
と、思う今日この頃…うふふ。
3. Posted by fanta   May 19, 2011 21:01
綺麗にできましたね。

映像作家になれるのでは?音楽と画像の組み合わせが絶妙でした。
画像を探して、タイミングにあわせてと考えると私は気が遠くなります。

おつかれさまでした(^^)
4. Posted by papa   May 19, 2011 21:02
Leviさん、こんばんは。

桐箪笥を紹介したとき。
Leviさんが「それを持つことの出来るのは、一部の武家だけで、庶民の文化とは云えないのではないか」と云われましたっけ。

それ以来、じゃあ、伝統文化って、何だろうとずっと考えてきました。

ネットもクーラーもゲーム機もない時代、
それでも、それぞれの暮らしの楽しみ方があって、不自由さの中に快適さを求める知恵があって、人と人をつなぐ絆のようなものがありました。

きっと、伝統というものって、そうした創意工夫のこころ。
親から子へ、伝わってきた知恵の集積だと私は思います。

便利さの中で、失われていくもの。
そうしたものにもう一度、目を向けていこう。

そういう気持ちを込めて、映像を作りました。
楽しんで貰えれば、幸いです。
5. Posted by papa   May 19, 2011 21:05
「AGUL」って、海のウルトラマンでしたっけ。

新しいブログ、開始したのですね。
mixi脱会すると、モスラさんの記事が読めなくなるの、忘れてました。

ブログで読めそう♪
ラッキーです。

3王女物語も、僕の今の在り方に、
結構、影響していますから。
とても楽しみです。
6. Posted by papa   May 19, 2011 21:10
fantaさん。
ありがとうございます。

文字の出現と音楽のタイミングを合わせるのに、
200回はこの曲を聴きましたもの。

って、つい、書いちゃったけど。
見る人はそういう苦労なんて知らなくて、良いんですよね。

画像と、音楽の美しさで、ほんの少しの間だけ、
のんびりして貰えれば、嬉しいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔