July 10, 2011

ロケットストーブ 3) スコリアと配管

P7010028

この黒い砕石が、【スコリア】。

富士山の裾野でとれる『火山性の岩』を細かく砕いたもので、
それを砂にしたものは、富士砂とも呼ばれ有名です。
ちょっとゴージャスな盆栽の表面を、黒くお化粧するアイテムなのね。

スコリアは、【黒曜石パーライト】のように空気をたくさん含み、水はけが良いため、ゴルフ場の芝の下の土壌改良に使われる資材です。


スコリア断熱


Ohanaのロケットストーブは、土間の「蓄熱コンクリート」に、熱風を送り込んで熱を蓄える「暖房システム」。

でも、蓄熱コンクリートが地面と接していると、せっかくの熱をどんどん吸われてしまいます。
通常は、スタイロフォーム(発泡スチロールのような資材)の断熱材を埋め込むようだけど、スタイロは、熱に弱く、蟻に食べられやすい。

そこで、コンクリートを打つときの砕石を、このスコリアを使えば良いんじゃないか、というのが今回の作戦です。




IMG_1352

スコリアを探すのにえらい苦労しました。
富士山の山麓で建材屋さんをやっている「池田産業」さん。

池田産業株式会社
静岡県御殿場市新橋290-1
0550-82-2099

25㎡を10cmで敷き詰めるのに、3㎡(リューべー)のスコリアが必要。
4トンダンプで、ドバーと来ます。

これを全部、手運び。


IMG_1397

「スコリア運びのワークショップ開催!」と行きたいところだけど、
ガッツで敷き詰めた。

スコリアがこんなに黒いのに、富士山が真っ黒にならないのが不思議。


P7060051

蓄熱ユニット内の配管には、スパイラルダクトを使います。
亜鉛綱板のものは、水に弱いけど、コンクリートに埋めてしまうから、良しとします。


P7060050

通常の煙突と違い、ダクトの同士接続にはオスメスがないの。
ダクト接続の数だけ「ニップル」が必要になります。

これを真ん中にはめて、アルミテープをぐるぐる。


P7060052IMG_1398

配管の接続部は、通常、ネジで留めるんだけど、今回はアルミテープで巻くだけ。
コンクリートに埋めてしまうから、これも良しとします。


P7060057P7060059

コンクリートには11cm~9cm埋まります。

配管は、GL(ground line:地上面)からの深さを正確に測ります。
キッチリカッチリが、大好きな性格なので。

P7060055P7060071

少し手前から勾配をつけて、奥の掃除口に灰が溜まるように工夫しています。

この部分は、コンクリートに埋まっちゃ困るので、
200パイの配管を工作して、穴を開けました。

P7060053

バイパスの配管が完成。

バイパスは3インチ(75パイ:直径75mm)で、2本。

P7060080P7060078

主配管7インチ(175パイ:直径175mm)を組み立てます。
ちょっと高めのところを走って、これが暖かいベンチシートになるのね。


P7060087

はい、完成。

バイパス式ロケットストーブの配管。
黒いスコリアに、銀の配管が映えます。


P7060095

燃焼テスト。
かなり「ロケット」するようになりました。

調子よいです。


P7060105

問題なのは、バイパスにほとんど熱風が行かないこと。

バイパスは、ベンチシートの主配管より細く、下にあります。
熱風がめんどくさがって、そっち行かないのね。

楽な方に行っちゃう。

P7060085

S字菅で上げてから、Y字菅で分岐させたけど、先に分岐させれば良かった。
ロケットストーブで配管を分岐させるときは、配管を並列させる(横に並べる)必要があるの。

そうしないと、楽な方へ、楽な方へと流れちゃう。
文句は言えない、人間も同じだから。

P7060101

そんなこともあろうかと、主配管にダンパー(空気調節弁)をつけて置いたんだよね。
主配管の流量を絞って、強制的にバイパスに熱風を送るの。

これで、床下も暖まる。

P7060091

結論から言うと、バイパス式という選択もあるけど、
無理して、バイパスを走らせなくても、良いかなと思うの。

配管が複雑になるし、その分、パーツも多くなる。
ストレートで、長いベンチシートを設けるか、リターン式で折り返すかする方が施工が簡単だもの。

仕方無い、僕、凝り性だから。


ロケットストーブ燃やしてみると、結構、面白いデータがとれます。
やっぱり理論と実践の両方が、大事だと思う。

研究して、より優れたストーブを完成させたいと思います。


P7060088

いよいよ、コンクリートの土間を打ちます。
そしたら、ちょっとはレストランに見えるかな。


すでに、料理人には見えないまっくろくろすけ。
これから、コンクリート打ちで汚れるから、良しとします。


【関連する記事】
ロケットストーブの原理 パーフェクトマニュアル
5分で分かるロケットストーブの原理<改訂版>
ロケットストーブ 1)ロケットストーブの設計
ロケットストーブ 2)蓄熱ユニットの設計
ロケットストーブ 3)スコリアと配管
ロケットストーブ 4)黄金の粘土
Simple Rocket Stove(ロケットストーブ1号)
ロケットストーブ 5)ロケットストーブの製作
ロケットストーブ 6)大型ロケットストーブの実用的燃焼法
ロケットストーブ 7)ロケットストーブの欠点



bluetailhappiness at 09:15│Comments(6)TrackBack(0)clip!ロケットストーブ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 。   July 10, 2011 12:02
あはは、
ずいぶんひょろ長いまっくろくろすけね?
暑い中、お疲れさま。
疲れてるなと思ったら、
休むことも大切ですよ。

予定はあくまでも予定ですもの。
くれぐれも、無理し過ぎないように、
お気を付け下さいね。(*^_^*)
2. Posted by papa   July 11, 2011 00:15
マニアックな記事、読んで下さって、えらいすいません。
また、長くなっちゃうんですよね。

一応、短くする努力はしました。

あのね、いつも、ありがとう。もさん。
3. Posted by AORINGO   July 11, 2011 02:38
この度は息子たちがお世話になりましたー。
おかげさまで静かな夜を過ごさせていただきました♪

しかしpapaさんて何やさんだったけ?
なんでもやさん?
専門的過ぎてわけわからんよー(笑)
でもお店作るの楽しそう♪
4. Posted by papa   July 11, 2011 07:48
>専門的過ぎてわけわからんよー

でしょう。

一番最初の記事は、配管の設置順番まで詳細に盛り込んだ長文でした。「200-200-150 Y字菅」とか、書いてありました。
読まないだろうなぁと、思って削ったの。

今、新しい配管のアイデアが浮かんで来ちゃって、困っています。
セメント打っちゃったからなぁ。

>おかげさまで静かな夜を過ごさせていただきました♪

また、どうぞ♪
5. Posted by やまの   July 11, 2011 20:38
すばらしい!
進んでますね!
とっても参考になりました。
6. Posted by papa   July 12, 2011 00:02
マニアックな部屋へようこそ、やまのさん。

熱風は、基本的に上を流れます。
主配管がダンパー全開の時は、熱風は全て主配管を流れます。

ダンパーを完全に締めると、仕方無いから下を流れるみたい。
でも、ロケットを弱めるのね。
配管が狭いから。

床下の2本は、3インチで4〜5本通しても良かったかもしれません。それなら、全面暖房が可能です。
上を流れるか、下を流れるかを、ひとつのダンパーでコントロール出来るの。

次、やるときは、そうしたいなぁ。
それが「バイパス式」の完成形だと思うの。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔