October 07, 2011

古民家のDIY 1)無臭柿渋

IMG_1814

「すごく臭いですよ~。本当に臭いです。
 1ヶ月は臭いです。」

普通の柿渋を買おうとしたら、塗料やさんが云うの。

柿渋は、なんか銀杏みたいに臭うらしい。
ええ、臭いですものね、銀杏。

営業の人は、やたら『無臭柿渋』というものを薦めるの。
ちょっと割高。


どうしようかなと、大工さんに相談したら、
「ああ、俺、鼻が悪いから何でも良いや」・・とのこと。

すいません。『無臭』下さい。
僕、鼻だけは効くんです。



古民家の改築をするにあたり、いろいろ塗料を使ってみました。

その中でも、僕みたいな素人さんでも施工できて、
コストが比較的安く、古民家の風合いにバッチリ合うもの。


IMG_1816

その中で、ダントツに良かったのが、『無臭柿渋』。

特殊なフィルターで、臭い匂いの粒だけシャットダウン。
ふわりとアルコールのような上品な香り。

飲めそうだけど・・・そんな勇気はない。


柿渋は、塗ってもすぐに色が変わらないから、色ムラになりやすけど、
コツを掴めば、そんなに難しいことではないの。

便利な道具もいろいろあるしね。


IMG_1813

無垢の床板に、柿渋を3度塗りしました。
柿渋は太陽の光を浴びて、ゆっくりとその色調を変化させていきます。


IMG_1887

そのやや赤みがかった柔らかな風合いは、他の塗料では、なかなか出せません。
時間と共に、その風合いはさらに深まっていくの。

経年劣化した、古民家の材とも自然に調和します。


IMG_1855

まっさらな土間のあがりも。


IMG_1858

柿渋を刷毛で塗ります。
乾いたら、2度塗り。


IMG_1817

穴が開いた柱に、当て木をしました。
でも、なんか、違和感がありますね。


IMG_1820

そんなときも。

新しい材に、柿渋を塗り重ねて、いきます。
古材との色あわせになります。


IMG_1080

トイレ → Before。

ひどいな。
特に雨水の影響を受けるところで、床も、壁も腐ってたの。

もう、壊すしかなかった。
何にも無くなっちゃったんだけど。


IMG_1897

トイレ → AFTER。

造りは、大工さんの英知の結晶。
柱は、やっぱり柿渋。


IMG_1895

昔のトイレのドアを、磨いて利用。

古民家も、捨てればゴミ。
磨けば、宝の山なの。


IMG_1896

スイッチはサビ錆。
お約束。


IMG_1894

天井は、大きなガラスが入れてみました。
巨大な雹もはじき返す「強化ガラス」。

このサイズの強化ガラスは、普通に買うと4~5万円するけど。
これは、廃棄されたソーラーパネルから外してきたから、
1/10の価格で買えるの。

おかげさまで、トイレが明るいのです。


IMG_1893

神棚も、柿渋。
天井も、柿渋。
柿渋は、杉材と相性が良いようですね。


ただ柿渋にも、弱点があります。

【ウッドロングエコ】がくっつくと、『素敵な赤み』が、『どす黒い紫』なります。
うっかり間違えて、変なとこ紫になる。

でも、この弱点を逆に活かすことも出来るの。
それは、次の話。


bluetailhappiness at 00:46│Comments(11)TrackBack(0)clip!古民家でDIY 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by tairaku   October 07, 2011 11:02
>飲めそうだけど・・・そんな勇気はない。

何でも経験!
2. Posted by Levi   October 07, 2011 12:06
こんにちは

柿渋ってそんなに匂うのですね。
私は無臭柿渋を使って石けんを作っています。
(加齢臭に効果があるんです)

木材に柿渋を塗ると良い風合いになりますよね。
サビとも合ってますね。
塗る前と表情がすっかり変わりましたね。
3. Posted by かな   October 07, 2011 14:57
無臭でもにおいを感じることがある私の嗅覚には???

嗅覚なら負けないわよ~(笑)
4. Posted by papa   October 08, 2011 12:17
>何でも経験!

生存本能で、なんかやばい気がします^^。
5. Posted by papa   October 08, 2011 12:19
Leviさん、こんにちは。

>柿渋ってそんなに匂うのですね。

なんだこうだで、オリジナルの匂いはまだ嗅いでいません。
でも、銀杏だけでも、臭いからなぁ。

嗅がなくても良いなら、このまま一生を終えたい気もします。

柿渋の風合いは、とても素敵ですね。
この風合いが、石けんになったら素敵だろうなぁ。
6. Posted by papa   October 08, 2011 12:21
かなさん、こんにちは。

ものによっては、匂いの残る製品もあるとか。
この製品に関しては、その点、かなり優秀思います。

>嗅覚なら負けないわよ~(笑)

匂いのオリンピック開催。
各国の代表選手が、30m先の箱の中身を嗅ぎ分けるの。

じゃあ、日本予選選考で、お会いしましょう。
7. Posted by かな   October 08, 2011 17:46
>各国の代表選手が、30m先の箱の中身を嗅ぎ分けるの。

それだと箱のにおいが邪魔するわね。
警察犬の訓練のように、板の上にただポンと置いてくれないと!(笑)

>じゃあ、日本予選選考で、お会いしましょう。

会場ですが、厳寒期の北海道の屋外ですので、暖かい格好でおいで下さい。
最高気温も氷点下ですから(笑)
8. Posted by papa   October 09, 2011 08:06
>厳寒期の北海道の屋外ですので

遭難救助犬のコンクールじゃないんですから。
沖縄でやりましょうよ。
9. Posted by n   October 10, 2011 08:19
papaさん、はじめまして。いつも驚きと感動で読ませてもらっています。柿渋ですが、今、ちょうどリフォームの最中なのでウチも使用しています。臭いですが、そんなに驚く様な香りでもないですよ。自然の物の発酵した独特の香りに近いっていうか、そんなに酷い物ではないと思います。私的には、銀杏程の匂いではないです。多分、銀杏ほどであれば倒れています(笑)家族間で、「え?今、誰かおならした?」とか、「○○くん、うんちした?」なんて冗談も少しは出ますが、何て言うか、チーズに近い?発酵物的な香りですが、そこは植物性ですので、そこまでではないですよ。papaさんなら,大丈夫じゃないかな?と思います。臭いなー、なんて言いながらもやり過ごせる、自然の物ならではの安心感で平気だと思いますよ。私的には、チーズのすごく香りの強い物とか、くさやの方が気絶しそうになります(笑)ちなみに、菜食なのでそれらを嗅ぐ機会もそうそうありませんが、香りは知っています。
10. Posted by n   October 10, 2011 08:22
何回もごめんなさい。私も、同じく鼻は敏感です。
11. Posted by papa   October 12, 2011 07:29
はじめまして、nさん。
柿渋、食わず嫌いしてたかもしれませんね。

僕も、くさやは食べたことありません。
一度、開封して、あまりの臭さにごめんなさいしたことがあります。

>同じく鼻は敏感です。

匂い王選手権・日本予選に推薦しておきます。
なんか「厳寒期の北海道の屋外」で、開催するみたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔