July 26, 2012

自作コーラ製作日誌 2)オハナコーラ1号の作り方

IMG_3620

コーラ、作ってます。
シェフ仕込みしないと、明日売るものないんですけどね。

「コーラ作ってるの、そんなの無理じゃない?」
・・って云われると、楽しくなっちゃう性格。

コーラは人の作ったものだもん。
僕たちもきっと作れるはず。

コカコーラの小さいの、
味の分析用に買ってきました。

昔は、がぶがぶ飲んだけどね。
もうさすがに、1.5Lのペットボトルは飲めないなぁ。

じゃあ、オハナコーラ行っちゃいますか。



改めて、『コーラ味』の分析をしてみました。
基本、砂糖の甘みが軸になっています。

それだけだと、野暮ったい味になるのを、
シトラス系の香味と、炭酸が引き締める。
いくつかの香辛料のミックスで、味にキレを出しています。

コーラの味を定義しているのは、
シナモンとバニラ、クローブ(丁字)の3つですね。


IMG_3621

スパイスの類は、いっぱいあるのね。

その他のスパイスをひとつずつ嗅いで、
『コーラの味に必要かどうか』と、『使う量』を決めます。


IMG_3622

クローブ(丁字)。

使いすぎると、味を台無しにしちゃうけど、
適度な量だと、エキゾチックな香りが、ぐっと来る。

うーん、15粒。


IMG_3623

カルダモン。

要らないかなぁ。
パンチのある、でも上品で個性的な香り。
少しだけ、2粒。


IMG_3624

パンダーハイ。

カカオやコーラナッツと同じ「アオギリ科の実」の中国茶。
黒い色と、複雑系の甘い味がある。

うーん、コレ使えそうだけどなぁ。
レシピをシンプルにしたいから、今回はパス。


IMG_3609

レモンの皮から実をこそげ落としたもの。
一回、ゆでこぼす。

適度なシトラス系の苦みと香り。
ひとにぎりくらいかな、50g。

新鮮なレモンジュースも、少々。


IMG_3608

結局、こんな感じ。

甜菜含蜜糖      500g
玄米米飴       50g
レモンジュース    80g
コーラナッツ抽出液  1L(足りない分は水を足す)
バニラビーンズ    1/2本(半分に割る)
シナモンスティック  3本
クローブ       15粒
カルダモン      2粒(半分に割る)
ローリエ       2枚
黒粒胡椒       10粒
レモン皮       50g(1回 ゆでこぼす)


IMG_3607

そうそう、こないだのコーラナッツ抽出液(沼みたいな味)。
これ、入れなくても良いような気もするけど。

いやいや、コーラを使うことに意義がある。


IMG_3610

火にかける・・・なんか美味しそう♪

白いのは、甜菜糖のアク。
そんなに気にしなくて良いです。


IMG_3611

沸いたら、火加減を「中火~中弱火」に落とし、
50分、コトコト煮出します。

あんまり火加減が強すぎたり、弱すぎたりしないのがポイント。


IMG_3613

50分後。
半分の750ml(1/2量)まで、煮詰まりました。


IMG_3614

シノワ(漉し器)で、スパイスを漉し取ります。


IMG_3617

漉した原液、半分を500ml(1/3量)まで、
さらに煮詰めたものも作ります。

泡が大きく立ち、より濃度の高い『シロップ』になります。

でも煮詰めすぎると、味のバランスが崩れるし、
あとで炭酸に溶けなくなります、注意してね。


IMG_3618

オハナコーラ1号の原液。
1/2濃縮と1/3濃縮。

ちょっと舐めてみると、コーラ飴の味がします。

もう少し、香辛料の調節が必要だけど、
ほぼストライクゾーンに着陸した感じです。

ひと晩、冷蔵庫で寝かせて、
明日、オハナコーラ1号を作ります。

完成なるか、オハナコーラ。


bluetailhappiness at 22:51│Comments(10)TrackBack(0)clip!Kitchen Ohana | れしぴ 飲みもの

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by fujitamanegi   July 27, 2012 09:20
おお!出来ましたね、オハナコーラ一号!
原液ですでにコーラ飴の味ということは、かなり期待できますね!

そういえば部長、先日甘酒と桃をバーミックスでが~っと混ぜたものを、すかさず豆乳に煮溶かしてた寒天液と混ぜて淡雪寒みたいなものを作りました。
結構いけましたよ。

ところで素朴な疑問なのですが、カフェやったりするときに調理師免許って必要でしょうか?
2. Posted by めぐみ   July 27, 2012 10:37
パパさん おはようございます

ジャッジャジャーン お楽しみ お楽しみ

紫蘇ジュースですが 

紫蘇 青蘇 別々に作ってみました

紫蘇はすっきり きりり

青蘇はこっくり まろやか

どちらもレモンで味が際立つかんじです

一回目のは疾うに完配

二回目のは ほぼ自分が楽しんでいます

色が赤ワインと白ワインみたいです

fujitamanegiさんのも面白そうですね

えーっ!と思いますが どどどんなお味か

たたた試してみたいです

パパさん 楽しくですね 私もどうしたら楽しいか

工夫するようになりました

ありがとうございます
3. Posted by papa   July 27, 2012 20:44
こんばんは、Fujitamaさん。
それ、めっちゃ美味そうです^^。
なるほどね、桃をガーと回して、甘麹か。
メープル系の甘みも合いそうですね。

なんか、アクセントがあると、さらにグッときそうです。
4. Posted by papa   July 27, 2012 20:47
めぐみさん、ありがとうございます。

赤しそジュース、LV3まで開発しています。
LV2でも、かなり美味しいですが、
LV3は、美味しいという言葉で表現しきれない旨さです。

楽しいって、幸せ思います。
それが誰かの幸せを作るものならば、最高ですね。

5. Posted by Levi   July 27, 2012 21:30
こんばんわ

おお~、コーラの開発順調なようですね。
さあて、原液は良さそうですが希釈するとどうなるんでしょうね。
楽しみ~

完成したらカフェメニューに登場するのでしょうか。
6. Posted by tairaku   July 28, 2012 16:38
>カフェやったりするときに調理師免許って必要でしょうか

特に絶対必要ではありません。

「食品衛生責任者講習」を受講し、開業時に責任者の氏名などを届け出れば開業できます。

詳しくはこちら↓をご参照下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E5%93%81%E8%A1%9B%E7%94%9F%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%80%85

ちなみに私は調理師免許持ってます!(*´(エ)`*) 
7. Posted by papa   July 28, 2012 20:12
こんばんは、Leviさん。

コーラの味は、例の3種類の香辛料でだいたい表現出来るのですが、もうひとつのコーラの定義があって、それは『黒い色』思います。
黒を自然素材で表現するのは、とても難しいです。
乞うご期待で。
8. Posted by papa   July 28, 2012 20:24
>カフェやったりするときに調理師免許って必要でしょうか

いけね。
質問されていたのをすっかり忘れていました。
師匠、すいません。

あれ、結論から云うと、「必要ない」です。
僕の料理の師匠も無免許でしたし。
でも、料理の腕前は、神業でした。

tairakuさんが云うように、開業の際に必要な「食品衛生責任者」の資格。調理師免許を持っていれば、講習免除になります。
なくても、講習を受ければ良いだけ。
実技試験とか無いので、料理苦手でも合格出来ますから、
資格そのものには意味がありません。

でも僕は、飲食店をする人には、受験することをおすすめします。
学科で、衛生管理についてちゃんと知っておくことは、飲食店経営のために必須だと思うからです。

食中毒出した場合。
この世界では、もうやっていけませんし、
たくさんの人に迷惑がかかりますもの。

カフェやるなら、応援しますよ^^。
9. Posted by 。   July 29, 2012 19:39
へっちんおは!

黒い色って、カラメルじゃないの?
10. Posted by papa   July 29, 2012 21:07
カラメルです^^。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔