September 04, 2012

古民家でDIY 15)Kitchen Ohana After

PA050229

今から、もう2年前の秋。
初めて出会った頃のOhana。

どこからみても、普通のおばあちゃんち。
一年半、人が住んでおらず、もう長いこと売り物件だったところ。

とりたてて、立派な柱や装飾のある家ではないけれど、
風が、自然な涼しさを運ぶ、気の流れの良い家でした。



気の流れが悪い部屋もあったけど^^。

PA010176

【before】布団部屋

「ここは、合宿所か?」云うくらいに溢れる布団の山。
これでも、半分くらい運び出したんだけどね。


IMG_3094

【after】布団部屋 → ピアノのある畳の部屋

一番、時間がかかったかもしんない、ここ。
床を全部抜いて、基礎から作り直し。
26カ所の塚を新しく作って、がっちりガード。


P7240068

【before】純・和風庭園
定番の石灯籠&巨石。

真ん中には、池の残骸。


IMG_2936

【after】純・和風庭園 → 芝生の庭

芝の一枚一枚に、思い入れのあります。
友人と、見よう見まねでぺたぺた貼った芝。


P7200023

【before】お婆ちゃんちのキッチン

昭和の調味料と100円ショップのお皿がいっぱいなんだもん。


IMG_2968

【after】お婆ちゃんちのキッチン → おいしい研究所

プロ仕様の機能的なキッチン。

新しいレシピをどんどん生み出せるように、
様々な種類の鍋と道具がスタンバイしています。


P7200017

【before】汚れた縁側

廊下のホコリの溜まり方が尋常じゃなかったもの。
窓が閉まっていても、すきま風で、カーテンが揺れるし^^。
すきま風がビュービュー。


IMG_3096

【after】汚れた縁側 → Ohana一番の特等席

ずっと夢だった、縁側のあるお店。
自然の風が、とても心地良い、この季節一番の特等席です。


P7200022

【before】お風呂

家の真ん中に、お風呂?
長年の湿気で、四方360度、全部がボロボロ。

どーしよ、これ。
ていうか、店にお風呂は要らない。


P4243650

【after】お風呂 → バーカウンター

解体して出てきた古材を、あっち付けて、こっち付けて。
「初めてのDIY」みたいな本で勉強しながら、コツコツ作ったカウンター。


P7200015

【before】1年半、人が住んでいない部屋

・・って聞いていたけど、なんか15年も住んでいなかったらしい。
長年の雨漏りで、床は使用不可能。


IMG_3086

【after】1年半、人が住んでいない部屋 → オハナのカフェスペース

小さい子連れだと、嬉しい畳の部屋。
奥には、板の間に大きなテーブルと、小さなライブラリー(図書室)。
ここ直すのが、一番時間かかったような気がします。


P7200014

【before】お茶の間

玄関から、入ったところのお茶の間。
古い囲炉裏があって、スス汚れた壁。
雨漏りの跡も、ものすごい。

もうなんかこの家、ゴミとか、動物の骨とかしか出ないし(TT)。


IMG_3089

【after】お茶の間 → 土間

床を全部抜いて、ロケットストーブの床暖房(オンドル)を設置しました。
鉄平石を張り詰めた、石畳。
古材の大きなテーブルは、年配の方や、足の悪いお客様にも人気です。


IMG_0265

家を一軒、自分で直してカフェにするって、云ったとき。

お金もあんまりないし、技術もないし、
無理だ、無理だって、云われたけど。


IMG_1667

でも、やってみると意外になんとかなるもので。

なんとかならなくても、なるようになります^^。


IMG_2120

必要なときには、必要なひとが来て、
ずいぶんそれに助けられました。

それに全部、お返しするほどのお金も力もないけれど、
いつか同じように困っている誰かを、助けてあげたいと思うのです。


39c66129

もし、不可能に思えることでも。
強くイメージして、夢を思い描けるなら。

どんなことでも、実現するのだと信じています。


P2070009

たとえ、こんな日があっても・・

でも、立ち止まらずに進み続けるなら。


IMG_3669

きっと、たどり着ける。

人が幸せな一生を送るために、特別なスキルや天性の才能に恵まれることは、
必ずしも必要で無いと思うのです。




bluetailhappiness at 22:14│Comments(20)TrackBack(0)clip!古民家でDIY 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たま師匠(tairaku)   September 05, 2012 01:03
長いようで長かったね、オープンまで。

でも、いい店になったね。

人ごとながら嬉しいです。
2. Posted by kubota   September 05, 2012 09:59
   マクロビパパ様
 初めまして
記事を読んでいて涙が出てしまいました。
鼓腹亭の時からの隠れファンです。
パパ様をいつも尊敬してここにお邪魔していました。
たくさんの記事と優しさ溢れるこのどんぶり
ブログが大好きです。
いつも勉強させていただいてます。
 そして先日の日曜日、実は「キッチンオハナ」に
行きました。  でも残念なことに日曜日はお休みなんですよね。場所は確認してありますのでいつか必ず
お邪魔します。
そして8月の終り、用事があって向山会長さんが私のところにきました。
その時にパパ様のお話で盛り上がりました。
「あの方すごいですね、なんでもできるしなんでも知っているのですね」といいましたら、向山さんが
「あいつはすごい!あいつはすごいやつだ!」
とべた誉めでした。
パパ様 尊敬しています。どうかお体に気をつけてこれからも頑張ってくださいね。
3. Posted by touko   September 05, 2012 20:14
きっとpapaさんのお人柄もあるんだと思います。
いいお仲間がいてよかったですね。

とても素敵なお家ですね。
縁側夏場気持ちよさそうですね
4. Posted by 。   September 05, 2012 20:26
縁側の特等席で、
たま師匠と
お茶をすすりながら、
「最近の若い者は」話や、
「余計なこったが」話を、
ひねもすのたりのたり、
やってみたいものですわねぇ。

ところで、
割れ物も無事届きまして?
ご迷惑でなければ、
第2弾もお送りします。
5. Posted by Levi   September 05, 2012 20:51
こんばんわ

お店を作り始められたのは2年前だったのですね。
ひとつひとつ問題を解決されて、立派なお店が出来上がりましたね。
ホント凄いです。
6. Posted by たま師匠(tairaku)   September 05, 2012 21:26
。さん

割れ物届いてません…
えっ!私じゃない!!
こりゃまた失礼致しました~~~!!

ε=ε=ε=ε=(ノ*´Д`)ノ
7. Posted by moronon   September 06, 2012 00:12
自分がやりたいことで出来ないことはないのかもしれない
と思わせてくれる記事でした。
パパさんのお店は、
美味しくてヤバイごはん、優しいスタッフさんたち、窓から見える実写版トトロの中のような風景
とても気持ちよかったです。ありがとうございました。
あ、さつきごっこするのを忘れました。また行きます。
8. Posted by たかの   September 06, 2012 02:14
私も読んでいて涙が出そうになりました。

本当に、本当に、よく頑張られましたね。
papaさんすごい!

私も幸せな人生を送れる、フツーの人間で良かった!と心が温かくなりました。
9. Posted by 。   September 07, 2012 07:52
師匠…

(゜o゜)\(-_-)
10. Posted by fujitamanegi   September 07, 2012 09:24
不可能だと思っていたことでも、強く思い続けていれば実現できます。
自分は幸せな一生など縁遠い人間だと思っていました。でもそうじゃないかも、と思えてきました。
幸せになれない、なってはいけないと思うのは、実は根っこに強く強く幸せというものを切望し、でもその形が見えない不安で押しつぶされそうになっているから、それを跳ね返すための強がりに近いのでしょう。
自分が幸せになりたいなら、その思いはきっと皆同じ。ならば周りの人を幸せにしてあげるように頑張れば、周りの人もきっと同じように動いてくれる。
幸せって、そういうものなんだと思うのです。

Ohana良いなぁ~!本当に素敵なカフェになりましたね。papaさん、すごい!ハンパじゃなく、素敵です!
11. Posted by papa   September 09, 2012 21:53
こんばんは、たま師匠。

師匠がいたから、和田さんとも知り合えたし、大工さんも見つかりました。人間の輪も広がりましたし、そのたくさんの支えの中でやってこれたように思います。

ありがとうございました。
12. Posted by papa   September 09, 2012 21:55
こんばんは、kubotaさん。

>残念なことに日曜日はお休みなんですよね

すいません。休みなんです。
まだ子供たちも小さいもので、日曜はその時間に割きたいと思うんです。宜しかったら、ぜひまたお越し下さい。

オーナーもお元気でしたか。
宜しくお伝え下さいね。
13. Posted by papa   September 09, 2012 21:57
こんばんは、toukoさん。

僕は助けられてばっかりで。
もう少し、それに恩返し出来るようになりたいと思うのですけど。

風の通る縁側は、最高の席です。
昼寝には、もってこいなんですよね^^。
14. Posted by papa   September 09, 2012 21:59
もさん、割れ物、届きました。

レジ上の一番目立つところに飾っていますが、
エキゾチックな存在感がとても素敵です。

今度、お礼になにか贈らせて頂きたいと思うのですけど、
お住まいの方を、教えては頂けませんか。
15. Posted by papa   September 09, 2012 22:01
こんばんは、Leviさん。

いつもコメントを下さるから、このブログも続けてこれたようなものです。Leviさんは、僕にとっての縁の下の力持ちです。
こころから感謝しています。
16. Posted by papa   September 09, 2012 22:04
morononさん、さつきごっこ、ぜひやってください^^。

強くイメージすることは、どんなことでも実現します。
オハナはまだ始まったばかりですもの。
これからですね^^。

料理も常に精進を怠ることなく、成長させていきたいと思います。
17. Posted by papa   September 09, 2012 22:07
たかのさん、私ひとりの力ではなく、
本当にたくさんの人がオハナを作っていったのだと思います。

キッチンオハナで、こころからくつろいで欲しい。
そういう想いを込めて、ひとつひとつ作ったパーツに、
思い入れがこもっています。

ここが本当の意味で、お客様に憩いの木陰を作る大樹であるように、これからも作り続けていきたいと思うのです。
18. Posted by papa   September 09, 2012 22:12
fujitamaさん、ありがとう。
あのね。
人がその一生を全うするために、
かならずしも幸運に恵まれていることは、必要ではないと思うの。
スキルや、才能すら必要ではないの。

ただ想いがあれば良いのだと思う。

自分を、そして誰かを幸せにしてあげたい。
そういう生き方をする人は、きっと不幸の中にたくさんの幸せを見つけて生きていけると思うのです。
19. Posted by emi   November 26, 2013 18:23
はじめまして。 最近パパさんのブログにであって楽しく読ませていただいています。 

とっても素敵なお店ですね。  

私は病気があって、もう10年ほど社会生活が送れていませんが、パパさんの言うとおり、強く信じれば必ず願いは叶うって信じています。   

元気になっていつか必ずお店に遊びにいきます! 
20. Posted by papa   November 27, 2013 00:45
emiさん、待ってますよ。
それまで、お店。頑張り続けます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔