February 19, 2013

ホームページ れべるろく

【Level 1】 とりあえずサーバーにアップ /2013.2.8
【Level 2】 フードページ、追加しました。/2013.2.9
【Level 3】 カフェページ、書きました。 /2013.2.10
【Level 4】 「オハナ」メイキング、追加しました。 /2013.2.11
【Level 5】 八ヶ岳案内のページ、追加しました。 /2013.2.12
【Level 5】 イベント・ニュースのページが完成しました /2013.2.19

これで、ひととおり完成かな。

「キッチンオハナ公式ホームページ」

オープン期日はまだ決まらないのですけど、
上旬には、開けたいと考えています。
それまで、お店ちゃんと整理して、掃除しましょうか。

イベントページには書いたのですが、中医師の里美先生の人気講座を
再開して頂けることになりました。
『春の養生と花粉症対策』がテーマです。

【日時】 3月4日(月)13:30~15:00
【費用】 1500円
     「お茶」と「テーマに合わせたスイーツ」
【申し込み】15名(一杯になりしだい締め切り)
      TEL : 090-6470-8000
      e-mail:QWQ05432@nifty.com

テーマのスイーツは、じゃばらに酒粕を合わせて焼き込んだパウンドケーキです。
酒粕は、地元『青煌(せいこう)』の吟醸粕を仕入れて、使っています。
ちょっとチーズみたいなコクが出るので美味しいのね。

新しいレシピを作るのって、楽しい。


bluetailhappiness at 23:51│Comments(33)TrackBack(0)clip!Kitchen Ohana 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ろくぶんぎ   February 08, 2013 23:43
5 いつもパンをご購入いただき、ありがとうございます。

私的にメールを送りたかったのですが、わからなかったので、コメントすることにいたしました。

休み中にHPを作っておられるのだろうなと思っておりましたが、見つけてしまったので、未完成とは思いましたが、ブログのロケットストーブの記事が気に入ったので、HPとブログにリンクすることにしました。

HPの完成とお店の再開を待っています。

2. Posted by touko   February 09, 2013 18:55
元気になられたようでよかったです
HPお気に入りに登録しました
3. Posted by papa   February 10, 2013 08:11
ろくぶんぎさん、早いです^^。
メール、今度、教えますね。

じゃあ、ピッチあげてHP作っちゃいます。
4. Posted by papa   February 10, 2013 08:13
toukoさん、こんにちは。
病は気から云いますが、ほんとうにそう思う。
おかげさまで、ずいぶん良くなりました。

HP、まあるい雰囲気で作りたいと思います。
なかなか難しいけど、楽しい作業です。
5. Posted by ぢゅん   February 10, 2013 10:12
ホームページ、素敵です!
光がきれい!暖かくて優しくて。

papaさんのお仕事ってあらゆる分野に広がりますね。
もうそれは生きるってことですね。
だからpapaさんが楽しく生きてくれれば、それはもう素敵なお仕事になるんだと思います!

ホームページだけですでにたっぷり癒されてます(^-^)
ありがとう!
6. Posted by りえ   February 11, 2013 10:34
まだカフェごっこをするのですか?現実にもどった方がいいですよ。この御時世!あなた1人ならいいですけど、家族もいれば、なんでも仕事で、やるのが普通ですよ。もしカフェをやり、体を壊すようなら、この仕事自体あってなくて、他の仕事にした方が家族の為にいいと思いますよ。このまま行けばまた同じ理由で、閉めることになりかねません。昨年結婚したばかはりのスタッフも、仕事がなくなり、哀れでなりません。また採用するのですか?パパさんの自己中心的な考えを捨てない限り、また同じことの繰り返しのような気がします。なにかにつけて自分をかっこよく見せるパパさん、確かに自分をアピールも大事なのですが、パパさんの家族のことを考えて、夢物語ではなく、定期的に収入が入る方法を考えた方がいいと思います。もちろん私はそちらに行き料理を食べました。言ってやることが愛情で、パパさんのことが気になり、きつい文面になりました。ご了承下さい。ただ私の主人が家族の為に頑張っている姿とパパさんを比べると、きれいごとばかりと感じました。頑張って下さい。
7. Posted by も。   February 11, 2013 12:35
“れべるよん”て名前の
ウルトラ怪獣の話かと
思いました・よん♪


高村光太郎の「道程」は、
もともと長文だったのを
あの形に
集約させたという話を
前に聞いたことがあります。

人の生きざまも、
たどってみれば、
そういうものかも
しれませんわねぇ…

たぶん、
五時間では語りきれない
色々なことが
おありだったのでしょうね。

何を語るかではなく、
何を省いたかで、
お人柄が分かるものです。

五時間か…ふぅ。(笑)
8. Posted by 通りすがりの も。   February 11, 2013 13:41
おや、手厳しいですね。

経営者の立場からすると、
家族経営が理想なわけで、
それがかなわない状況の場合、
やむなく、
人を雇うパターンが多い
と思います。

その場合も、
なるべくリスクの少ない人を雇う
のが、常道です。

雇われる立場だった経験のある
人なら、なおさら、
自分が経営者になった場合、
リスキーな採用は避けるものです。
結婚したばかりの人とか、
子供ができたばかりの人とか…。

察するに、
情で雇ってしまったが故に、
今回のような批判を受けるのでは
ないでしょうか。

そして、
責任を感じるからこそ、
やむなく、見切り発車や、
倒れてどうしようもなくなるまで
無理をしてしまった結果、
こうなってしまった…
とは、考えられませんか?

本当にいいかっこしたいだけなら、
まず、
きれいごとの前に、
言い訳から始めるでしょう。

どんなに頑張っても、
誠意を尽くしても、
相手の立場を慮っていても、
裏目に出ることはあります。
人間ですもの。

…という見方もあることを、
ただ、
言っておきたかっただけなんですが、
やはり、
余計なことでしたかね?
9. Posted by papa   February 11, 2013 14:36
いや、りえさん。
厳しいですね。

きちんと面と向かってお話しできれば良かったですね。
内情を知らないままだと、あなたの忠告は的外れなものになってしまいませんか。

オハナを再開させて頂きたいと考えています。
店を閉めていても、定期的に来て下さるお客さまや村の人もいらっしゃいます。
閉められるわけがないのです。

恐らくカフェの経営をしたことのないあなたには、想像出来ないかもしれないとは思うのですが。

まともな食事を出したいと願うなら、その代償のどれだけ大きいことかを、わたしたちは身に染みて知っています。
それでもこういうスタイルで、お店を出したいと思う以上、
みな、それなりの覚悟で臨んでいます。
思いつきや夢だけで出来る仕事ではないように思うのです。

好きでなければ出来ない事でありますが、
趣味や道楽で、出来ることではないのです。
ご主人と比べられるのは、我慢いたしますが、
カフェごっこというくだりは、失礼ではないでしょうか。

かっこつけしいなところは、許してくださいね。
反省しています。



10. Posted by papa   February 11, 2013 14:59
もさん。
経営者として、ときに厳しい態度で臨まなければならない時も
あるのだと思います。
人にどう思われるかばかり気にして、僕は、そういうのができませんでした。

誰かに嫌な想いをさせてしまったのは、事実です。
相手の言葉ではなく、相手の気持ちをちゃんとくめるように、なっていきたいと思いました。
11. Posted by りえ   February 11, 2013 15:31
せっかく噂になっている、パパさんの家族のことを気にかけて、心配をしたのに、これは私の手にはおえませんね。私はお店の近所に住んでいて、開業前からそちらの家族のことも知っているし、私の子供の、小学校は、パパさんの子供と同じ小学校で子供もよく知っています。内事情は、田舎なので、いいことも、悪いこともわかっていますよ。
12. Posted by Papa   February 11, 2013 16:31
お近くでしたか。
私はあなたを知りません。

インターネットの世界は、お互いの顔が見えませんから、それだけ相手を思いやる気持ちが、必要になると思うのですよ。

あなたがここにコメントを残すのは、なんのためですか。

青いちいさな車が、私のです。
お店に停まっているときに、お立ち寄りください。
おいしいお茶でものみながら、ちゃんとお話ししましょうね。
13. Posted by mayu   February 11, 2013 16:56
はじめまして。
奮闘記の頃から、こっそり覗かせていただいています。
元々友人がアレルギー持ちで、そのレシピを検索していてたどり着いたのが初めだったように記憶しています。
それから、パパさん(と、こちらにいらしている皆さまの)のお人柄が好きで、もう何年になりますか、日参しております。
お元気になられて、本当によかったです。
ブログの記事が増えているのをみると、ほっとします。

「可哀想だと泣くのなら、共に負う覚悟を持て。
 覚悟もないのに可哀想だと泣くのはただの哀れみにしか過ぎない。」
人の生き方はその人にしか選べないものですし。
パパさんも、パパさんを支えていらっしゃる奥様も、すてきです。
家族のためにと言って自分のやりたいことをできない旦那なんて、私、気詰まりしてしまいそうです。
うちの旦那はそんな、押しつけがましい旦那じゃなくてよかった(笑)

どうにも思いを伝えるのに上手な言葉が見つかりません。
「誰か」に笑われても、「自分の大切な人に恥じない」生き方を心がけています。
形が違っても、パパさんもそうなんじゃないかなあって勝手に思っています。
応援しかできませんが、応援してます。

遠方ではありますが、いつか、こっそり、ohanaにお邪魔したいです。
こっそり。
14. Posted by 。   February 11, 2013 17:35
哀しいですね。

価値観は人それぞれで、
生き方も人それぞれです。

外から見て分かる事情なんて、
実際の十分の一の内容にも
充たないでしょうに…。

成功しなければ、
どんな努力も認めないなんて、
そして、それを大人の良識と
決めてかかるなんて…。

ノーベル賞をもらった方だって、
20年間、成果の見えない研究を
投げ出さずに
続けてこられたわけでしょう?

奇跡のりんごを作った木村さんも、
人から笑われ続けても、
無収入の努力を続けた結果ですよね?

啄木だって、賢治だって、
生きて賞賛を得られたわけでは
ないでしょうに。

たぶん、
パパさんの生き方に
文句を言っていいのは、
パパさんのご家族だけです。

ご家族が納得なさってるなら、
他人がとやかく言うことでは
ないですよ。
15. Posted by もすら(反省中)   February 11, 2013 19:34
度々、すみません。

先程は、勢いにまかせて
筆を走らせてしまいましたが、
片手落ちなコメントだったと
気が付きましたので…

このおばばは、
いくつになっても
考えなしで、
申し訳ありません。

ご近所の方、
考え方や価値観は異なりますが、
人として根本的なところで
とても善良で
気持ちの温かい方だと
お見受けしました。

だからこそ、
一言忠告せずには
いられなかったのでしょう。

こういう方は、
困っている隣人を
決して、見捨てたりしません。

例えば、
パパさんちの子供さんの誰かが
学校からの帰り道に
転んで怪我をしていたら、
声をかけて
出来る限りの応急処置を
して下さるでしょうし、
送り届けても下さるでしょう。

善意で動く方には、
必ず誠意は通じます。

誠意が通じる方とは、
必ず分かり合えます。

良いお茶の時間が
過ごせますよう、
お祈りしておりますよ。
16. Posted by papa   February 11, 2013 20:41
もさん、直接利害関係にない人が、
これだけ強い感情を抱き、
これが善意であると行使する。

その理由を私は考えます。
そして悲しくなるのです。
これが私のしてきたことだからです。

この人は、自分でなぜコメントを書いているのか、
そして自分が今、何をしているのか知りません。

それを責めるつもりはないです。
何か言い訳するつもりもありません。

それがどういうもので在れ、私はそれを受け入れて、
自分を省みる機会につなげています。

ちゃんとお茶を入れて差し上げることが出来れば、
それが良しと思うんですよ。
17. Posted by 食堂のおやじ①   February 12, 2013 15:14
初めまして、静岡で夫婦で食堂を営んでいる40代のおやじです。お店はなんとか4年目に突入しておりますが、私の店は味の追求ではなく、より、安心で安全な食事を心がけて、化学調味料はもとより、農薬などにも気をつけ、できる限り手作りの食事を安全な鶏肉と安全な魚、安全な野菜で作っております。マクロビオティックの調理方法も肯定も否定もしません。良いと思う部分は活用しておりますし。仕入れの二割はオーサワさんですし(笑)白砂糖はもちろん使いませんし、ご飯も白米はなく、雑穀米か玄米です。広告もださずにコツコツやってきて、おかげさまで、ほとんど口コミで今では一日のお客様の数は平均60人です。
ですので、パパさんの大変さはよく分かります。一日15時間食事以外は仕事してますし、休みの日でも6時間くらいは仕込みしてます。
好きですから体は疲れても、全然苦になりませんし、4年以上病院にも行ってません。
パパさんのブログはお気に入りに入れて3年前から欠かさず読んでます。
夏には家族でオハナでも食事させて頂きました。パパさんとも軽くですがお話しし、奥様にもお会いしました。
お料理も美味しく、パパさんのブログの料理にも、同意する部分はたくさんあります。
今回、初めてコメントしようと思ったのは、りえさんのコメントを読んだからです。
僕はりえさんのコメントに同感です。
今までと同じようにオハナを再開しても、また何かしらおこります。
パパさんがコメントの欄にあってもいないのに否定する事を書かれても、と書いてましたがその論法でいくと、オハナに食べに来た事もない人がコメント欄に良い事を書いても的外れという事ですよ。
パパさんを肯定も否定もするつもりもありません。
18. Posted by 食堂のおやじ②   February 12, 2013 15:16
続きです

ただ、今までの経緯をみて僕だったら
①お店をやめて他の仕事をする。その場合は違う職種であっても料理の仕事であっても、その仕事が好きになれると思います。
②オハナを続けるのならば自分がやるべき仕事の選別、大工仕事などは他の人にやってもらい、自分は料理に集中する。など
③なにもかも今までと同じ方法でオハナをやるのであればズレていた部分の修正、完全予約制にするとか、同時にお客様くると大変でしょう
この三つ以外にも方法はあるでしょう。
反省していると言っているパパさんですが、りえさんのコメントに対して自分の事をわかってもらいたいから、お茶でものんで話しましょうと言っている様に取れます。
反省するのであればキツイかもしれませんが、りえさんに自分のダメな所を言ってもらい、そこから、自分を見つめ直す行動も必要かと思います。

結果が全てではありません、でもこういう結果がでているという事は偶然ではなく、必然です。コメントも含んでですが。何かがズレてるだけですパパさんの料理は間違えてないので(^^)

長々と偉そうな事を書いてしまい、申し訳ありません。頑張ってください。
19. Posted by papa   February 12, 2013 17:07
食堂のおやじさん。
お叱りのコメントは有り難いと思います。
それがないと成長がないので。

薪小屋は、まずかったと思っています。
無理にオハナを初めて、最初からフル回転だったのも欲張りすぎたと思っています。
物事、特に対人関係に関しては謙虚さを忘れないようにしようと内省しました。
不義理にならないよう、気をつけようと思います。

おやじさん。
60食は素晴らしいですね。
一度、経営について、ご教授頂ければ有り難いです。

ただ、私は、去年ほどではありませんが、
オハナの仕事に制限を受けます。

今あるの環境で、どうオハナを回していくか、
アイデアを絞って、メニューやオペレーションの再編成を私なりに考えていました。
同じ思考では、同じ失敗を繰り返します。
内容をお伝えしないため、ご心配をおかけすると思うのですが、
それは結果で証明する以外に、思いつきません。

頑張りますね。
またおいしいごはんを差し上げたいと思います。
20. Posted by おばあ   February 12, 2013 19:47
ご近所にお住まいのりえさん
我が家のうわさ話を聞いて
気をもんでくださっていらっしゃったこと、感謝いたします。ありがとうございます。
見るに見かねて、言ってくださったのだと思います。
確かにそのとおりですもんね。
妻や子供を路頭に迷わす前に ツルハシを持てというのが私の考えですから りえさんと一緒です。
ただ 私は黙って見ていることを選んでいます。
もちろん 必要なときは手を貸しますし、助言はします。
はがゆいとは思いますが どうぞよろしくおねがいします。

食堂のおやじさん

おっしゃりたいことは全部わかります。
普通なら そう言います。
ブレーキをかけているのは きっとこの私です。
がまんだと思うなと彼に常々言っているからです。
自分の時間は まだ限りなくあって
10年くらいの回り道なんぞ ほんの一瞬だと。
今は動けないのではなく
今、動かない彼を私は誇りに思っています。
どうぞ
これからの彼を待っていただけませんか?
21. Posted by moronon   February 13, 2013 04:51
お風呂情報いっぱい🎵こりゃいい!
嬉しいです(^∇^)
ありがとうございます。
22. Posted by ねこ☆彡なたろう   February 13, 2013 22:31
ホームページ、出来てきましたね。

あれ、俺のとこのってないじゃん!

なんて^^;
23. Posted by papa   February 13, 2013 22:56
ありがとう。
頑張るね。
24. Posted by フリージア   February 14, 2013 19:43
もしよろしければ、
オハナさんや、周りのお店が載ってる分布図みたいなものがあれば(簡単なものでいいです)と思いました。
私は地元の人ではないので、最寄り駅から全部のお店がどの辺りにあるというのが分かれば、旅行に行く時に参考になると思いました。
でも今はお忙しいと思いますので、またお時間のある時にでもお願いします。
わがままいいまして、すみません。
25. Posted by papa   February 14, 2013 21:06
ありがとうございます、フリージアさん。
そうですよね。

八ヶ岳の麓は、結構広いので、どうやって表そうか考えています。
うーん。
なんか良いアイデアないかな。

イラストレーターフル活用で、頑張ってみます。
26. Posted by みっこ   February 15, 2013 08:39
ホームページ、すてきです。

更新の度に拝見するのを楽しみにしています。

うちも夫の夢につきあって、現実面で大変なこともあったけれど、でもその時期も楽しかったし、それを通り抜けたから、得心して次のステップをあがれたよ。

今も夢の途中だけれど。



またパパさんのお料理食べに行きたいなあ。

27. Posted by papa   February 16, 2013 07:06
夢を叶えるって、それを支えてくれるたくさんの人に、
ありがとうを忘れちゃいけなかったのでしょうね。
あと、自分自身にも。

この体も、ずいぶん頑張ってくれたけど、
ありがとう思うこと、なかったですから。
新しく頑張りたいと思います、みっこさん。
28. Posted by ゆか   February 16, 2013 21:38
先日、OHANAさんへ見学にいかせてもらったものです。その節はどうもありがとうございました!
ホームページ見させてもらいました~
また、八ヶ岳に足を運びたくなりました!
29. Posted by papa   February 18, 2013 21:42
こんばんは、ゆかさん。
その後、いかがですか。

寒い日、続きますが、お体を大切に。
また、お会いしましょうね。
30. Posted by ゆり   February 24, 2013 01:32
パパさんこんにちは。
以前一度コメントさせていただきました。

あのときも心配で…、今も心配で…。

楽しい事私も好きです。ワクワクするし、なんでもできそう。
でも、なんでもはできないと思うんです。
やりたいこと全部、自分でやったら倒れます。

結局は、何が一番大事かではないでしょうか?新しく始める行動は、一番大切なことを守れるのか?
それはパパさんにとって料理の追求?日々の生活?健康?わかりませんが…。

それを脅かす事には手を出さず、人に頼むか足るを知って潔く切るかだと思うんです。

相変わらずうまく話せません。ごめんなさい。

体調も心配です。
なにもしないって、なにも考えないで、自分の体温とか、被ってるお布団のあったかさとか、重さとか、今の感覚をぼーっと感じたりすると良いみたいです。

的外れだったらごめんなさい。

応援しています。
31. Posted by papa   February 24, 2013 13:55
こんにちは、ゆりさん。

人だから限界があると思うの。
出来ない事は出来ない。
そこを見極めて、何を選ぶかというのが大事思います。

でも。
どこまでが限界なのか。
そこはやってみないと分からない思うのね。
思っている以上に、出来ることもあるし、
やっぱり出来なかったこともある。

失敗から学んで、次に活かします。
誰かのせいにはしない。
それが僕の責任思います。

人に頼ることも覚えなくちゃね。

体調は、好調です。
また山登りを、はじめようと思っているんですよ。
とりあえず、元気です。
お店の体制も少しずつ整いつつあります。
ありがとう。
32. Posted by じょ   February 24, 2013 21:12
こんばんは。
ホームページ拝見しました。
ステキですね。ますます行ってみたいと思いました。お客様増えちゃいますね♪
息子が卵アレルギーあるので、予約時にアレルギーのある方はお知らせすると対応致しますって、とてもありがたいお言葉です。
そのお心遣いありがとう。

遠方な為すぐには行けるわけではないですが。。。
どうかpapaさん、限界を知る前にご無理せず、八ヶ岳に行けばキッチンオハナはいつも存るって思ってますので。今回売り切れでダメならまた次に来よう
33. Posted by papa   February 25, 2013 19:08
卵のアレルギーでしたら、オールクリアです。
お越しになるまでには、もうちょっと体制を整えておきたいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔