February 27, 2013

薪小屋 仕上げます。 後編

IMG_4641

2日目、朝から雪なんですけど。
貧乏神が僕のこと、大好きな感じで。

しかし、負けじと、
そういう時に「よっしゃ、キター」という。

一日のふりだしから、ものすごい不幸だったとしても、
そういっちゃうと、脳みそが「あれ、これってラッキーなのか」と勘違いするのだ。
ラッキーも、アンラッキーも、頭で考えた結果だもの。

じゃ、今日も頑張りましょう。


IMG_4644

『古材薪小屋』の細かいパーツを作っていきます。

新しい材を使って、構造はちゃんと作りつつ、
古材を使って、古民家の雰囲気をだします。


IMG_4648

ネジを使う部分は、見えないところ。
材と材をくっつけるのが、しごと。

見えるところと、力が欲しいところは、太い釘。
藁人形に使うような、ぶっといのをガンガン打っていきます。


IMG_4656

古材薪小屋、こういう感じです。
何かの舞台みたい。


IMG_4647

午後から、晴れ。
屋根作り日和ですね。

よし行くぞ。


IMG_4646

今回、屋根材に使うのは、『オンデュリン』。
フランス製の波板で、天然繊維にアスファルト(瀝青)を染みこませたもの。

『オンデュリン』【赤】2000×950×30mmで、一枚1800円。
ホームセンターで買えます。

高熱、凍結、突風、腐食、経年劣化。
その全てに抜群の耐久性をもつ、超耐候性のスーパー素材。
最近、人気みたいね。

50年経っても、びくともしないらしい。
下の小屋が、そんなに持たないよ。

ジグ(定規)を使えば、丸ノコでスイスイ切れる。
施工もすごく簡単なのね。
(切り屑がものすごく飛びます)


IMG_4649

スタッフのゴー君が手伝ってくれて、
なんとか、全面に貼れました。

落ち着いた深みのある赤色が、古民家の雰囲気に良く映えますね。


よーし、完成。
じゃあ、行ってみましょうか。


816011fe

BEFORE(施工前)。


IMG_4654

AFTER(施工後)。

こういうかんじ。
なんかあったかい雰囲気になったでしょ^^。
そういう雰囲気で、オハナをいっぱいにするのがぼくの夢です。



bluetailhappiness at 20:12│Comments(14)TrackBack(0)clip!古民家でDIY 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kanako   February 28, 2013 21:03
facebookとかの「いいね!」ボタンみたいなのがあれば、100回くらい押したい!
素敵です♥
2. Posted by mako   February 28, 2013 23:22
薪小屋、完成おめでとうございます(^皿^*)

『いろんなものをたくさん持っている』よりも『自分が大切に思えるもの(好きなもの)を持っている』ほうが、素敵だと私は思います。

十人十色

周りが思う普通じゃなくたって、私は旦那と子供たちがいてくれることを幸せに思います。

人生、死ぬ時に笑えれば、それでいいのだ!
3. Posted by 晴   March 01, 2013 06:03
わたしのお家とオハナが、車を少し走らせたらたどり着ける距離なら、わたしはお休みのたびに「お手伝い出来る事、ありませんか?」って聞いちゃう。「お手伝い」って言葉だけど、わたしの知りたい事、学びたい事が、オハナにはたーっくさんあって。ぱぱさんたちは、それを形にしている人達だから、先生だもん。あーあ、ぱぱさんとか、ちょっと不思議な、それでいて、すううううううんごいおっきいひとが、学校の先生だったら、もっと楽しかっただろうなあ。
4. Posted by ばく   March 01, 2013 12:10
コメントは初めてですが、
ずっとお邪魔させて頂いています。

papaさん、お元気になられたようですね。
安心しました。

今しばらくは当分厳しいですが、
いつかオハナへお食事にお伺いするのを
楽しみにしています♪

5. Posted by papa   March 01, 2013 14:10
こんにちは、kanakoさん。
いつも、ありがとうございます^^。

どこかに100回押せるボタン付けときます。
ボキャブラ天国みたいですね。
まだやってるのかな、あの番組。
6. Posted by papa   March 01, 2013 14:12
こんばんは、makoさん。
ちょっと変わったものが好きです。
そういうものばかり集めるので、どんどんオハナが変なところになっていきます。

これから薪割りと確定申告に入ります。
どちらも手強そうです。
7. Posted by papa   March 01, 2013 14:13
晴さん。
こういうの好きですか。
ぜひぜひ、遊びに来て下さい。

お店オープンしたら、当面はしばらく料理モードです。
8. Posted by papa   March 01, 2013 14:15
ありがとうございます、ばくさん。
気はみなぎっています。
かなり調子良いですね。

確定申告で、どんどん気を消費していますので、
トントンという感じです。
この気合いなら、どんどんやっていけそうな気がしますが、
すこし控えめに頑張りたいと思います。
9. Posted by ゆきうさ   March 01, 2013 21:47
5 春がそこまでやってきています。
papaさんのところも
ほっこりあったかい春が
やってきて
日だまりになりますように
たのしみに待っています。

だって、そちらに伺いたいので(^^)v
10. Posted by papa   March 02, 2013 09:48
となりまちは、もう田んぼの畦にちらほらと緑色が目立ちます。
もう少しで、八ヶ岳の麓も春になると思います。

春になると、冬の尊さも分かるようです。
虫もそろそろ出てきちゃうんですけどね^^。
11. Posted by たま師匠   March 02, 2013 11:44
薪の季節もまもなく終わりですね!
12. Posted by papa   March 02, 2013 18:36
たま師匠さま。
もう薪小屋だけで、今年の冬はいっぱいいっぱいでした(TT)。

とりあえず、終わらせる部分は終わらせましたが、
か、確定申告が難しい。
13. Posted by Yu   August 15, 2013 23:08
Yahooで検索してたどり着きました。オンデュリンのその後の様子はどんな感じでしょうか。当方は千葉県の海岸沿いに住んでおり、時折強風が吹くことがあります。3年前に作った単管パイプ物置の屋根材(ポリカー性)は爆弾低気圧に飛ばされて亡くなりました。現在、新たに物置小屋を作っているのですが,オンデュリン耐久性が気になります。台風等では大丈夫なのでしょうか。
14. Posted by papa   August 18, 2013 07:01
お返事、遅くなりました。

オンデュリン、ポリカーボネイトより重く、はるかに丈夫ですね。
しっかりして、安心感のある印象です。

先日のゲリラ豪雨でも、雨漏りひとつしませんでした。
僕のような素人の施工する建築物の屋根材としては、理想的だと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔