April 09, 2013

ビーガンクッキー 1号レシピ

IMG_4876

『植物性でつくるクッキー』の研究をしています。

いままでそういうテーマで作ったことがないので、
知識ゼロ。
ネットや書籍から手に入る、レシピをいろいろ並べてみて、
どういう感じに焼き上がるのかを、試しています。

今日のテーマは『塩クッキー』。
「ちょっとお茶請けに」の小さめサイズで作ってみようかな。


IMG_4880


【1号レシピ】

type : 塩クッキー
仕上がりの生地の固さ : 固め
成形 : ラップでソーセージ状に成形後、8mmの輪切りにする。
焼成 : ▲170℃ 15〜20分。

薄力粉   60g
全粒薄力粉 40g
米粉    10g
甜菜糖   25g
塩      1g
 +
紅花油    35g
ピーナッツバター7g


IMG_4881

1号レシピの特徴は、甜菜糖が生地にダイレクトに入ること。

甜菜糖は、基本、溶けにくいので、
焼き上がりに、ざらざらと溶け残ります。
このタイプの生地はすぐ焼くより、ひと晩冷蔵庫で寝かせた方が、
美味しくなります。

もう一つの特徴は、液体材料が油だけ。
グルテンが出にくいため、食感が軽く、ホロホロした焼き上がりになります。
ちょっとホロホロしすぎか。
少し、豆乳か何か、液体を使った方が美味しくなると思います。

油脂の15%ほどを、ピーナッツバターに置き換えています。

粉の重量の12〜20%をグルテンフリーの粉に変えることが出来ます。
例えば、米粉や浮き粉、片栗粉などに変えると、食感が軽くなるようですね。
アーモンドパウダーなど、ナッツの粉を配合すると、香ばしさも増します。

【1号レシピ】
type : 塩クッキー

コーヒーとの相性 : ★★★☆☆
  紅茶との相性 : ★★★☆☆
  嫁さんの評価 : ★☆☆☆☆
 レシピの完成度 : ★★☆☆☆

嫁さん的には、ホロホロしすぎて嫌みたい。
改良の余地、大ね。




bluetailhappiness at 21:56│Comments(4)TrackBack(0)clip!れしぴ スイーツ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マフィン   April 21, 2013 17:55
固いおやつが食べたい気分だったので、早速作ってみました。紅花油とピーナッツバターがなかったので、なたね油と白ごまペーストに置き換えて。

感想です。
これまで作ったことのないホロホロクッキーに仕上がりました。おいしい! 甘しょっぱくて。甜菜糖がしゃりっとした食感を出していて。私は好みのタイプのクッキーでした。白ごまペーストが強くて「ごまクッキー?」という印象にはなりましたが(笑)。

ホロホロになる訳、食感を軽くする材料、とても参考になりました。「浮き粉」を教えていただき、買ってみたのですが、まだ試してないので、次回試してみます。

Papaさん、レシピ、ありがとうございました。
2号レシピも楽しみにしています!

2. Posted by Dada   April 21, 2013 20:47
Papaさん
レシピを投稿してもらえば
宅急便必要ないねw
2号レシピも楽しみにしています!
3. Posted by papa   April 21, 2013 21:11
マフィンさん。
最近、DIYから料理にすっかり興味が移ってきたので、
いろいろ作って、シェア出来ればと思います。

4. Posted by papa   April 21, 2013 21:15
Dadaさん、ありがとうございます^^。
クッキーばっかり人気で、生産が追いつかないんですもの。

ボチボチ更新ですが、よろしゅうお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔