June 02, 2013

美味しい ルバーブジャムの作り方

IMG_5010

僕が山梨に住んで、はじめて出会った野菜。
そのひとつが『ルバーブ』。

結構、もりもり大きくなる草なんだけど、
その太い茎を食べるの。

生でかじると、セロリのように固く、レモンのようにぎゅーっと酸っぱい。
あかん。こんなん食べられんわという感じなので、
地元の市場に並んでいても、端っこの方でいつも売れ残ってる。

たまにフキと間違えるおばちゃんが、手に取り、
「なにこれルバーブ?」と、元に戻すくらいだ。

一部の人が、そこをしめしめと、買い占める。


そう。
ルバーブには、美味しい食べ方があるのだ。



IMG_5011

洗ったルバーブを、
適当にザクザクと切る。

同じくらいの大きさであれば、何でも良し。
こういう風に、斜めに線維を断つと口当たりが良くなるけど。

ボウルに入れて、ルバーブの20%の重さの甜菜糖を全体にからめる。
そのまま、常温で90分放置。



IMG_5012

浸透圧で、水が出てくる。
こんな感じ。

この水、使うから捨てないでね。



IMG_5013

無水鍋みたいな底の厚い鍋が、良い。

ボウルのルバーブを、水分ごと全部鍋に入れて、
中火にかける。
蒸気が上がってきたら、そのまま4分くらい。



IMG_5014

ルバーブが、こんな感じにくったりする。
火を入れるのは、ほんのちょっと。

作る量で、時間は変わるから、
時間より、状態が大事。



IMG_5015

ボウルに、ザルを乗せて、そこに鍋のルバーブを入れる。
鍋の水分(シロップ)と、ルバーブを分けるの。

このひと手間。
これが僕のジャムの美味しい秘密。

あ。
木べらを挟んで、ザルを斜めにすると、早く水気が切れるよ。



IMG_5016

このくらい水分が出た。
これをもう一度、鍋に戻すの。



IMG_5017

中火にかけます。

ここからが大切。
火から離れないでね。



IMG_5018

ぐつぐつ。

まだまだ。
かき混ぜたりしないで。



IMG_5019

ぐつぐつ。

だんだん、泡が大きくなってきた。
でも、まだ。



IMG_5020

はい、ここ。
これ以上いっちゃうと、カラメルソースになっちゃうからね。



IMG_5021

さっき分離した、ルバーブを戻します。

木べらで、サッと混ぜて、
全体が馴染んだら、火を止めて仕上がり。



IMG_5022

ルバーブジャムの出来上がり。
要冷蔵ね。

予算300円くらいで、結構できちゃいます。
普通にジャム買うより、安いし。



IMG_5116

ルバーブには、ギリギリの火しか入れてないので、
口に入れたときの香りが鮮やか。
線維はなめらかで、優しい甘さ。

おやすみの日曜の朝は、美味しいパンとジャム。
そういうささやかな、しあわせ。



bluetailhappiness at 06:53│Comments(11)TrackBack(0)clip!れしぴ スイーツ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by manmo   June 05, 2013 11:17
papaさん
こんにちは
東京の人、意外とルバーブを知らないんです!!
説明するのが難しかったです。

ジャムの作り方レクチャーありがとうございます。
さっそく山梨から送ってもらって作りたいと思います
2. Posted by papa   June 05, 2013 22:39
ありがとうございます、manmoさん。

山梨はルバーブのシーズン到来で、ワンサカあります。
これでごはんのおかずが作れるかどうか、思案中です。
3. Posted by 。   June 05, 2013 23:15
タルトやパイにしても
美味しいですよねー。

安曇野に住む
大ばばさまのお友達が、
手作りのスィーツにして
よく送って下さってました。

てっきり、果実だと思ってましたので、
ビックリ。
4. Posted by papa   June 06, 2013 07:48
こんにちは、もさん^^。
軽くトーストしたパンにとても合います。

なにぶん大量にあるので、使い道をどうしようか。
タルトも昨日作って、好評でした。
あとは、アイスとか?うーん。
5. Posted by 。   June 06, 2013 22:53
農産市とかに出品はできませんの?

ああいうところは
ラベルを着ける決まりでしょうから、
オハナの宣伝にもなりますのに…。
6. Posted by papa   June 06, 2013 23:09
今のオハナでは、生産力が低くって。

ランチの7品を揃えるのが、いっぱいいっぱいなので、
対外用の商品をつくる余裕がないのです。
うー。

それでいて、デザートが5種類くらいあったりしますが^^。
7. Posted by たま師匠   June 11, 2013 23:12
ご無沙汰!

我、元気、心配無用!

多忙、一段落!

また、来る!
8. Posted by papa   June 13, 2013 00:15
連絡無、元気証拠。

四子、鼻詰?
夜泣、父、睡眠不足。

我、加油。
再見。
9. Posted by マフィン   June 13, 2013 15:39
papaさん、こんにちは。
初めてルバーブジャム作ってみましたよ!
ちょっとプルーンジャムにも似たあまずっぱさ。
一般的なジャムのレシピより甜菜糖の量が少ないのに、しっかり甘味があるのは、たっぷり出た水分をしっかり煮詰めるからなんですね。
ありがとうございました。
10. Posted by papa   June 17, 2013 22:41
こちらこそ。
つくって下さって、ありがとうございます、マフィンさん。
つくって下さる方がいると、書いた甲斐があります^^。

この作り方だと、ルバーブの香りがしっかり残ります。
軽くあぶったカンパーニュなんかに合わせると、最高です。

11. Posted by むぎ   August 29, 2015 10:52
5 はじめまして。
レシピ参考にさせていただきました(^.^)
ルバーブの味が活きたジャムができたかなと思います。ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔