April 20, 2014

甜菜糖シロップの作り方

IMG_7383

甜菜糖です。
砂糖大根を原料とした甘味料で、芯となるやや強い甘みがあります。

水に溶けにくい性質があるので、
オハナでは、基本、シロップ化したものを使います。

砂糖に関しては、いろいろ書きたいこともあるのですが、
ここでは純粋な技術としての、『甜菜糖シロップ』の作り方を説明します。


IMG_7384

作り方は簡単です。

甜菜糖2に関して、水1。
水の方が少ないの。
間違えないでね。

これを鍋に合わせます。
寿命があるので、2週間くらいで使い切れる量を仕込みます。



IMG_7385

炎が鍋からはみ出さないように、
中火に調節して、火にかけます。

鍋肌が焦げるからね。



IMG_7386

慣れるまで、鍋から目を離さないでね。

ぶくぶく沸いてきて、一瞬でぶわーっと吹きこぼれる。
そのちょっと手前で、鍋を外すか、火を弱める必要があるの。

慣れたら、そんなに難しく無いんだけど。
こぼすと、掃除が大変だから。

このまま、弱火に落として、煮ていきます。



IMG_7387

丁寧に、アクを引きます。
弱火でふつふつと、3分間、火を入れます。



IMG_7388

ふつふつ。
もうちょっと。



IMG_7389

ちーん。
3分です。

前に作ったものが残っているときは、一緒にします。



IMG_7390

できあがり。

十分に冷えてから、蓋をして、
常温で保存します。

『甜菜糖シロップ』は、メープルシロップなどと同じように使うことが出来ます。
ただし、メープルと甜菜糖は、甘さの効く場所が違うので、
合わせて使うことで、より深い甘さを表現することが可能なのね。

ちなみに。
アイスコーヒーなど、ドリンクの甘みづけで使用する場合(ガムシロップ)は、甜菜糖と水が、1:1になります。



bluetailhappiness at 01:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!れしぴ 基本ストック 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔