September 25, 2014

コピルアックの味

IMG_8183

『コピルアク』

インドネシアで作られる、
じゃこう猫の独特な香りが特徴のコーヒー豆。

インドネシアのコーヒー農園には、じゃこう猫が出没するんだけど。
彼らの大好物が、コーヒーの果実。

そのコーヒーの実を食べた、
じゃこう猫の糞をみんなで探しに行くらしい。

そして、糞の中から消化されずに残ったコーヒー豆を、
せっせと集めて出来る「超レアな豆」が、コピルアク。

別名、うんちコーヒー。

名前は、不名誉だが、
一部マニアに、超人気だったりするのだ。



『かもめ食堂』という映画の1シーンで、
「コピルアック」のおまじないで、
コーヒーを美味しくする場面があって。

それで言葉だけ知ってる人も多いと思う。


これね(↑)。


希少価値が高くて、超高価。
コーヒー1杯、8000円とかするらしい。
ありえないし。


そんな話を、ブログのコメント欄で書いていたら、
「もらったから、あげる」と、
一缶、どさっと頂いた。

神様の気まぐれと、友人にこころから感謝したい。


IMG_8185

中身。

エジプトの秘宝のような色をした袋に、
うやうやしくコーヒー豆が100g。

説明書まで、ゴージャスでバブル。


IMG_8186

基本、豆の品質に優れているというわけではないらしい。

じゃこう猫の体内を通過するときに生まれる、独特の香り・・まあ、そのなんというか、うんちフレーバー?・・を楽しむためのものであるため、香りが飛ばないように煎り方も浅め。

90℃のやや高めの温度で、抽出してみた。
わくわくするね。


IMG_8187

完成!
コピルアク。

いろいろな香りが折り重なる。
アーモンドのような香ばしさと、バニラのような甘い香りと・・

突然。

にゃーと、じゃこう猫の動物臭が横切る。
お!

妙な「病みつき感」。
ジャングルの中を、希少動物を探す探検隊の気分になる。

アーモンド。にゃー、お!
バニラ。にゃー、お!



自分でお金を出して飲むことは無いと思うから、
たぶん、もう人生の中では出会えない味なのだろう。

秋深まる曇り空を眺めながら、
そんな感慨にふけり、ゆっくりコーヒーを飲む。

そして僕は、考えるのだった。



じゃこう猫は、にゃーと鳴くのだろうか。


bluetailhappiness at 08:09│Comments(12)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆきママ   September 25, 2014 14:45
珍しい食材を1番最初に食べようと思ったその人の好奇心ってすごいなあといつも思います。フンのコーヒーですか。。想像つかない味です。
タルトタタン成功でした。今夏はpapaさんのレシピでルバーブジャムも作りました。おかゆパンも作りたいな〜と思うのですが、その為に甘麹を発酵不足にさせるのも惜しいな。。と。今夜はオハナ秘伝のたれで生姜焼きです(^o^)ほんといつも素敵レシピありがとうございます♪
2. Posted by きーちゃん   September 25, 2014 20:15
コピルアック、貴重な味の中継、想像が鼻腔に広がります。にゃー。

今日は母の誕生日プレゼントにコーヒー豆を贈ったところでした。京都の、手でシャカシャカ煎っておられるつやつやの豆にうっとり。
コーヒーの楽しさと幸せ感に最近気付いていますo(^-^)o
3. Posted by papa   September 25, 2014 22:43
ゆきママさん、いつも作ってくれてありがとう。

コピルアックの生まれた理由は、ちょっと悲しい話でね。
インドネシアには、もともとコーヒーが無かったの。

植民地時代のオランダが、大規模のコーヒープランテーションを作って、地元農民を使って、コーヒーの栽培をはじめます。
地元農民は、貴重なコーヒーを口にすることを許され無かったの。

それで、じゃこう猫の糞から探しだしたコーヒー豆を、内緒で飲んだのがはじまり。

それが金色の袋というのも、ねー。

甘麹のおかゆぱんは、別に成功したのを使っても良いのよ^^。
4. Posted by papa   September 25, 2014 22:46
きーちゃんさん。
こんばんにゃ。

僕も、どっちかというと、コーヒーよりも、その香り・・蓋を開けたときに、ふわりと香る、あれ・・が好きなんです。

コーヒーって、人をうっとりとさせる魔法の飲み物だと思うの。
悪いいう人もいるけどね。
控えめに楽しむのは、良いかな。
5. Posted by ゆきママ   September 26, 2014 18:24
コピルアックにそんな歴史があったんですね。ちょっと気になって調べたら、ゾウやジャクーって鳥のコーヒーもあるんですね、知らなかった深い世界でした。。(・・;)
おかゆパンは、半量で作ってみますね、楽しみ♪(^.^)
6. Posted by Levi   September 26, 2014 23:01
こんばんわ

すごい…コピルアック…話には何度も聞いたけど実物を見たのは初めてです。
エキゾチックなパッケージも良いですね。

PaPaさんの文章を読みながら香りを想像しております。
これもまた楽しい♪
幸せのおすそ分けをいただきました。
7. Posted by papa   October 01, 2014 22:48
ゆきママさん。
ゾウの方が効率が良さそうですが、
ゾウの方が高価なんですよね^^。
8. Posted by papa   October 01, 2014 22:50
こんばんは、Leviさん。

人生、何がやってくるか、分からないものですね。
コーヒー豆は、いろいろな品種を試しています。
いつか、オハナのオリジナルブレンドを作るのが夢です。
9. Posted by 。   January 01, 2015 19:52
明けましておめでとうございます

今朝は、こちらも雪でした。

そちらの冬は厳しいと思いますが、
お身体大切に、
ご家族と
良いお年をお迎え下さいね。
10. Posted by papa   February 03, 2015 08:13
こんにちは、もさん。

パソコンが本格的に壊れてしまい、こちらにはなかなか入れないでいます。
コメントも遅れがちで、申し訳ないです。

今修理中ですが、なかなか直すパーツが多くて、すすみません。
また、直ったら、書き始めたいと思います。
また良かったら、覗いてみてくださいね。
11. Posted by Yuma   March 23, 2015 15:04
バリ島でも、至る所で売っていたけど、
だいたい1杯500円くらい。

みんなでうんちを探しに行ってつくられるルアックは、
ほとんど無いんじゃないかな。。。
もし1杯8000円のものだったら、
天然ものかもしれないけど。

販売生産ははほとんど外国企業だし、
下記リンクのような実態が多いかも。
ごめんねパパさん。
http://irorio.jp/yuukashimoda/20121122/36876/
12. Posted by papa   March 27, 2015 00:04
勉強になりました。
生産性を考えるなら、そうなるよね。

教えてもらえて良かったと思います。
ちゃんと知らなければならないことも多いね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔