February 11, 2018

子育てとジャンクフード

635941D5-51F4-4D0C-8927-46EBD07B096E

カフェで友人に会い。
カキ氷の話を2時間くらいしてた。

とある子供祭りで。
カキ氷の出店を出したらしい。
それで、シロップをどーするかという話になったらしい。


市販のイチゴとかブルーハワイみたいなものと、
手作りの梅シロップと。

買いに来た子供は、原色バリバリの、
食べるとベロの色が変わる市販のやつに
心を惹かれる。

お母さんとしては、梅シロップに誘導したい。

そんな微妙なジレンマと、
結局、市販は食べさせては貰えない子供たちと。
売り手として、どーしたら良かったのだろうかという話であって。

僕個人の意見としては、
子育てにジャンクフードは必要である。

これをただ禁止!とするのは、
だいたいにおいて上手くいかず。

その場合、親の目を忍んで、
こっそり食べたり。
大人になってから、リミッターが切れたりする。

ほんとうに、美味しいものを教えてあげることが、必要だと思うんだけど。

それ以上に。

食べることは楽しいし、
誰かのために料理をすることは、
すごく嬉しいことだったりする。

それに出会えるように、してあげたい。

とても時間はかかるけど、
それは勉強が出来ること以上に、
大切なことのように思うから。

良い悪いを押し付けないで、
子供たちの答えを待つ。

そんな子育てがしてみたいと思うのだけれど。
エゴが邪魔して、
なかなか上手くいかないんだよね。

そんな時いつも、
ある自然農の人が話していた言葉を思い出すんだ。

作物を育てようとはしない。
僕たちはただ土を作るだけ。

人を育てることは、同じなのかもしれない。

bluetailhappiness at 23:33│Comments(0)clip!例えばこんな話 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔