February 21, 2018

ブッダと悪口男の話

ブッダの逸話にこういうのがあるの。

ブッダの人気を羨んだのか、
彼をよく思わない男がいました。

口汚く罵ってやれば、きっとブッダのやつも
口汚く言い返してくるだろうと。
大衆の面前で、彼を酷い言葉で罵りました。

ブッダは黙り、ただ聞いていただけ。
やがて男は疲れて、黙り込んでしまいます。

ブッダは優しく言いました。

「受け取らなかった贈り物は誰のものだろう」

男はそれに言い返します。

「何をバカなことを言う。
それは、贈ったやつのものだろう!」
と言って彼は、はっと気がついた。

ブッダは言いました。

「そうです。
今、あなたは私のことを罵った。
でも、私は少しも受け取らなかった。
だから、あなたの言葉は、
全てあなたが受け取ることになるんだよ」

うーむ。
僕は、この話、ちょっと違うと思うんだ。

フェイスブックをしていると、
有名人のちょっと良い話が流されてきます。

ビートたけしが、こんな話をした。
イチローが、こんな話をした。
ブッダが、こんな話をした。

確かに良い話なんだけどさ。
それは本当に「彼」が話したのだろうか?

少なくとも、ブッダのこれに関しては、
正義は勝つという、日本人好みのお話になっていて。
こういう話はシェアされやすく、
アクセスを稼ぎやすい。

でもさ。
悪口に負けないメンタルを鍛えようぜ!とか。
悪口を華麗にスルーして、
カウンターパンチを決めようぜ!とか。

真似出来ないでしょう、そんなん?
と思うのだ。

悪口を言われて嫌だなと思ったり、
傷つくことは間違いではないと思う。
人間だもの。


某サイトで、この話を紹介してた時に。
「私、こんなに強くなれません」って、
書き込んでいた女性がいて、、

「やる前から言い訳するやつ」とか
「出来ないって言うから、出来ない」とか。
みんなに叩かれてた。

それ見て、こころが痛かった。
こんな話で傷つかなくていい。

そうした心ない連中をコメント欄で
プチプチ潰しながら(僕の悪いクセ)
ブッダなら、どう答えるだろうと考えてた。

理不尽にあることないこと、人前で罵しられて、
嫌だなと思う気持ちを嘘にして、
相手に戻せと、それは無理です。

人はそんなに強くないし、
きっとブッダはそんなこと云ってない。

法句教の228番に、
こんなことが書かれてる。

“昔も今も変わらず、
人は黙っている人をそしり、
多く語る人をそしり、
ほんの少し語る人をそしる。

そしりを受けない人はいない。

同様に。
常にただ、ほめられる人も、
常にただ、そしられる人もいない”


訳するとね。
人はいろいろ話すものだと云っている。
それは当たり前だと。

自分のことについて人が話すのも、
また当たり前のことで、
止められることでもない。

その話の中には、
本当のこと、本当じゃないこと。
都合の良いことも、悪いこともある。

それらは、僕についての情報を
話しているだけ。

そして、必ずしも相手が100%、
僕らを理解出来てる訳じゃない。
どっちかと云うと、
そんな理解、無理だし。

間違えて話すこともある。
たとえ意図的に間違えたとしても、
それは悪口じゃなくて、勘違い。

だからね。

嫌だなと思わないことも出来るんです。
悪口を嫌だなと感じてるのは、自分なんですし。

ほら、いるでしょ。

罵しらるのが、好きな性癖の人。
年頃の娘に「パパ、うざいー」言われて、
喜んでるパパも居ますし。

まあ、ほどほどに。
娘、口聞いてくれなくなるし。

つまり。

悪口を言われたからと、
僕たちが傷つかなくてはならない理由は、
どこにもないの。

傷つけてしまうのは、悪口じゃなくて
自分なのかもしれないし。

僕を誰よりも理解できる自分自身が、
僕をちゃんと認めてあげてただろうか。

誰かの無責任な言葉に、
自分の価値を委ねてしまえば、
人生が壊れてしまう。

人は勝手に自分の判断で話すものだから。

それに、話してくれないってことは、
僕らはいないのと同じこと。

僕らについて話す人は、
僕らを見てくれていて。

僕らについて話す人は、
僕に何かしらの想いがあるから、
話してくれてる。

それはどんな想いだろう。

最近は。
なんでそんな風に話すのだろって、
その想いを考えてみるようにしてる。

僕は、それを満たしてあげることが
出来るかもしれないし。

出来なかったとしても
悪口の中に自分の課題を
見つけるかもしれない。

用を終えた悪口は消えるものだから。
傷つく必要はどこにもない。

ブッダは、こう云うと思う。

「僕らは、僕らが認めてあげればええんよ。
その人を正すことは、僕らの役目やない。

みんな、そのままでええねん」






bluetailhappiness at 16:38│Comments(4)clip!例えばこんな話 

この記事へのコメント

1. Posted by 師匠   February 14, 2018 12:25
5 アンガーマネジメントだね。
介護の世界では被介護者の暴言や暴力から介護者が自分を守る手段のひとつとして知られています。

でも、仏陀って関西弁話すのは知らなかった… (笑)
by かつてはgoodtime-masuho 又は師匠と呼ばれた男 今は師匠じゃないけどね!
ところで 。さんは元気かなぁ…
2. Posted by papa   February 14, 2018 23:28
こうしてここで、話せるのは懐かしいですね、師匠。
もさん、忙しいかもしれないし。

ブログと、フェイスブックは似ていますが、本質的に全く違うものです。

ちょっといろいろ試したいことがあって、しばらくこちらに力を入れていきたいと思います。
3. Posted by 師匠?   February 15, 2018 00:03
5 直接対人援助に関わる仕事は"感情労働"って言う。自分の感情を切り売りして対価を得る仕事は時として肉体労働よりハード。医療や福祉の仕事をしてるとメンタル潰れて辞めて行く人も回りに居たりします。感情労働って大変なんです。
by師匠? しばらくハンドルネームはこれで様子見
4. Posted by papa   February 15, 2018 21:35
感情労働という概念は、初めて聞きました。
僕、介護やったら、すぐに折れそうな気がします。

サービスの仕事もそうですが、何かしらある度に、嫌だ嫌だと口にする人は、続きません。
すぐ辛くなるから。

生き残る人たちは、みんなマゾっ気のある方々ばっかりですわ(^_^;)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔