ロケットストーブ

June 13, 2011

ロケットストーブ 2)  蓄熱ユニットの設計

P5290434
【Kitchen Ohana で建造中の8インチ・ロケットストーブ】

このロケットストーブは、200Lのドラム缶で作る大きなロケットストーブ。
その最大の能力は、やっぱり『12m横引き出来る煙突』です。

この煙突の上に粘土やレンガを使って、ベンチシートやベッドなどの、
【蓄熱ユニット】を作るのが、8インチロケットストーブの基本形になります。

ロケットストーブ図解5(ベンチシート解説)

この蓄熱ユニットを省略してしまう人もいますが、
その場合、ロケットストーブの能力をほとんど活かせないの。

ドラム缶のストーブは、普通の薪ストーブのような輻射熱(ふくしゃねつ)は、
あまり期待できないからです。

ロケットストーブの暖房の考え方は、従来の薪ストーブとは全く違います。

ロケットストーブは、空気を暖めるのではなく、
ベンチシートなどに蓄熱して、ダイレクトに、
じんわりと優しく、人を暖めるホッカイロみたいな暖房なんです。


続きを読む

bluetailhappiness at 03:06|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!

ロケットストーブの材料と下処理

主な材料は・・

PA270058IMG_0976

【ドラム缶】(200Lと100Lを2本づつ)。

PA270067IMG_0961

藁のスサと石灰を混ぜた、【粘土】。

以外と、身近なところで手に入ります。
(古民家の解体などで出る「壁土」も良質な粘土)

PA270146IMG_0954

【U字溝(サイズ180)】。
蓋と本体を、3本ずつ使います。

PA270135IMG_0910

断熱材に「パーライト」という砂。
(ビーナスライト5号)

PA270160IMG_0963

耐熱セメント(熱に強いセメント)。
(耐火モルタルとは、別物になります)
5mmメッシュの金網。

PA280300IMG_0953

蓄熱用の石、ゴロゴロ。
あと、レンガね。

主な材料は、このくらい。


bluetailhappiness at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 04, 2011

Simple Rocket Stove(ロケットストーブ1号)

IMG_0882


こないだジャンク屋さんで拾ってきた石炭ストーブ。
二束三文で売って貰ったんだけど。

あまりにも、状態が悪い。

IMG_0889

裏側に、大穴が3つも開いてるし。
もう、石炭を入れては働けないの。

サビ、錆だしね。
続きを読む

bluetailhappiness at 00:30|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

May 30, 2011

ロケットストーブワークショップ

P5280235

道具をキッチリカッチリ、揃えてみた。
形から入る、典型的なB型人間。

今日は、ロケットストーブワークショップの日です。
続きを読む

bluetailhappiness at 23:18|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

May 20, 2011

ロケットストーブ作り ヒートベンチの設計

IMG_0915

ロケットストーブに接続する「ヒートベンチ」を設計しています。

通常の薪ストーブって、空気を暖めることで、間接的に人間を暖房するけど、
ロケットストーブは、ヒートベンチのような「蓄熱ユニット」を暖めて、
ダイレクトに人間を暖める。

生み出した熱を、一度、蓄えてから、じんわり暖める。
ホッカイロのような暖房なのね。
続きを読む

bluetailhappiness at 01:48|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

May 05, 2011

「ロケットストーブを作る会」やります

今月の『ロケットストーブを作る会』ですが、
定員に達しましたので、締め切ります。
たくさんの参加、ありがとうございます。

どうしても参加したい云う人は、コメント欄にご連絡下さいませ。

PA270274

いよいよ、Ohanaで「ロケットストーブ」を作ります。

通常の1/4以下の薪消費量。
最大12mの煙突の横引きが可能。
そして、U字溝とドラム缶など、身近にある材料で手作りできる。

独特で画期的な「バイオマス暖房」なのです。

詳しくは【5分で分かる~】の記事を読んでね(↓)。

【5分で分かるロケットストーブの原理】

5月の最終、土曜、日曜で企画しています。

【日時】
5月28日(土)29日(日)

講師には、日本でのロケットストーブのエキスパート
「ロケットストーブ協会」の石岡さんを、広島からお呼びします。

【場所】
山梨県髙根町 Ohana建設地

【費用】
参加費は3000円。

images-1

+テキスト代として、「Rocket Stove(ロケットストーブ協会の赤い本)」が1500円。
(お持ちの方は、代金の徴収の方ありません)

連日参加される方を、優先します。
参加者は、20名ということでしたが、半分にします。
よく考えたら、そんなに店に入らないもん(笑)。

募集しておいて、何ですが。
あと2人です。
いっぱいになりましたら、締め切ります。

【宿泊先】
宿泊が希望される方は、自然農で有名な『野風草のふうぞう』さんにご案内します。

長坂インターのすぐ近くなので、高速バスのバス停から歩いてお越し頂けます。
Ohana現地まで、送迎(すぐ近くですけど)。
宿泊可能なのは、あと11人ですね。

一泊2食付き、5500円。
ごはんの配膳や片付け、お布団の用意などは、みんなでやります。
相部屋です。

(個室ご希望の方は、八ヶ岳界隈のペンションをご案内することも出来ますよ)

【スケジュール】
28日1時半から作って、夜は野風草さんで座学。
(晩ご飯だけ、ご希望のかたは1300円。みんなで作って食べます。
 papaごはんも出ます。)

PA270279


2日目午後までに仕上げて、試験運転までします。


【申し込み】
1)参加人数
2)参加される方のお名前
3)住所
4)電話番号
5)メールアドレス
6)宿泊を希望されるか
7)ご希望等ありましたら
8)自己紹介等 ありましたら

下記アドレスまで、「ロケットストーブ参加希望」でお申し込み下さいませ。

<定員で締め切りました>

PA270204

これから暑い時期ですが、あえてロケットストーブのワークショップやります。
今年の冬、自分で作るなら、秋のワークショップじゃ、遅いですもの。

他のワークショップと違うのは、
超・凝り性の僕が作る、ロケットストーブ制作のマニュアルが付いてくる辺りです。

あとは、ひとり50円で、石積み体験とか?


さあ、そろそろ店作り、本腰入れなきゃね。
全部のベクトルを「ロケットストーブ」に切り替えていきますよ。


bluetailhappiness at 21:06|PermalinkComments(15)TrackBack(0)clip!

March 30, 2011

ロケットストーブ 1) ロケットストーブの基本設計

ロケットストーブデザイン

建築中の新しいお店「Kitchen Ohana」は、冬の間の暖房設備として
「ロケットストーブ」を考えています。

ロケットストーブは自作される方が多いので、
様々な材質、デザインのものがありますね。

僕が作るのは、『ベンチシートタイプ』のロケットストーブ。

ロケットストーブ図解5(ベンチシート解説)

ロケットストーブは、特殊な薪ストーブです。
通常、上に伸びる煙突を最大12mまで横引きが可能だといわれています。

この横引きした煙突の上に、粘土やレンガなどをかぶせて、
そこに蓄熱することが出来るの。

ふんわり温かいベンチ。
寒い冬には、素敵です。

今日は、ロケットストーブの設計について書いてみます。
続きを読む

bluetailhappiness at 23:06|PermalinkComments(32)TrackBack(1)clip!